2022年03月27日

1997年開催・第69回アカデミー賞授賞式!/授賞スピーチ紹介/全受賞作品・ノミネート作品紹介

1997年開催・第69回アカデミー賞・授賞式動画紹介


film1-red-ue.jpgoscar-logo.jpgfilm1-red-ue.jpg
関連レビュー:アカデミー賞紹介
『アカデミー賞・歴代受賞年表』
栄光のアカデミー賞:作品賞・監督賞・男優賞・女優賞
授賞式の動画と作品解説のリンクがあります。
film_oscar.png
film1-red-ue.jpg
第69回アカデミー賞は1996年の公開作品を対象とし、1997年3月24日、カリフォルニア州ロサンゼルスのシュラインオーディトリアム&エキスポセンターで開催された。司会は、5回目となるビリー・クリスタル。
12部門にノミネートされていた『イングリッシュ・ペイシェント』が作品賞をはじめとする9部門を受賞した。その他で注目されたのは7部門で候補に上った『ファーゴ』、『シャイン』があり、更に5部門にノミネートされた、マドンナ主演『エビータ』とトム・クルーズ主演『ジェリー・マグワイア』などがあった。


また、主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドは、配偶者が監督した映画の演技で勝利した最初の人物となった。
film1-red-ue.jpg
関連レビュー:主演女優賞ノミネート作品
映画『奇跡の海』
エミリー・ワトソン主演!世界中の映画賞を獲得した感動作
現実にのたうつ人間に訪れた奇跡とは?
film1-red-ue.jpg

<目次>

レッド・カーペット

司会者オープニング・スピーチ

助演女優賞スピーチ/ジュリエット・ピノシュ

助演男優賞スピーチ/キューバ・グッディング・Jr.

主演女優賞スピーチ/フランシス・マクドーマンド

主演男優賞スピーチ/ジェフリー・ラッシュ

監督賞スピーチ/アンソニー・ミンゲラ

作品賞スピーチ/イングリッシュ・ペイシェント

1996年映画関係者・追悼フィルム

その他全部門ノミネートと受賞

第69回アカデミー賞・レッドカーペットシーン

第69回アカデミー賞・オープニング司会者ビリー・クリスタル

ビリークリスタルはオープニングスピーチで、その年の作品と、来場のスターをネタに笑いを取ると、最優秀作品賞ノミネート映画をモチーフにした歌を歌った。

Film2-GrenBar.png
ビリー・クリスタル
ニューヨーク州ロングアイランドでロシア系、ウクライナ系ユダヤ人の両親の元に生まれた。アメリカの俳優、コメディアン、監督、プロデューサー、作家。当初はスタンダップ・コメディアンとして活躍し、1970年代と1980年代に、ABCシットコムソープのカルト的コメディードラマ『ソープ』のレギュラー出演で人気となり、またサタデーナイトライブの出演および司会として有名になった。その後、ハリウッド映画に進出し1989年『恋人たちの予感』他、数多くの作品に出演している。
クリスタルは、6つのエミー賞、トニー賞他、数々の賞を受賞した。アカデミー賞の司会を1990年、1991年、1992年、1993年、1997年、1998年、2000年、2004年と2012年の9回担当した。


スポンサーリンク


film1-red-ue.jpg

第69回アカデミー賞・主要賞結果


film1-red-ue.jpg

第69回アカデミー賞・助演女優賞スピーチ

プレゼンターはケビン・スペイシー
【大意】ビリー・クリスタルはケビン・スペイシーに、最高の助演男優クリストファー・ウォーケンとしてここに立ってくれないかと言い、ケビン・スペイシーは俺がここにいるのは間違いみたいだと思われると声を荒げ、『スプリング・ブレード』(映画タイトル)のオファーも、またサイコ・キラーかと断ったら、アメリカ中でウケてるし、間違ってるとわらいをとりつつ、ノミネート者を紹介
ジョアン・アレン(クルーシブル)/ローレン・バコール(マンハッタン・ラプソディ)/ジュリエット・ビノシュ(イングリッシュ・ペイシェント)/バーバラ・ハーシー(ある貴婦人の肖像)/マリアンヌ・ジャン=バプティスト(秘密と嘘)

受賞者はジュリエット・ビノシュ(イングリッシュ・ペイシェント)

【受賞スピーチ・意訳】
私はとても驚いています。本当に、私は何も準備していませんでした。ローレン(バコール)がそれを手にすると思ってました。そして、私は彼女はそれに値すると思います。どちらにいらっしゃいます?私は我々皆が、この映画に最善を尽くしたと思います、そしてアンソニーは私たちを助けてくれました。本当に驚きです。これは夢です。それはきっと、フランスの夢、そう思います。さよなら。
film1-red-ue.jpg
アメリカ映画:1996年
『イングリッシュ・ペイシェント』再現ストーリー
オスカー作品賞他9部門受賞!!
戦争に引き裂かれる恋人たちの運命!?
film1-red-ue.jpg

第69回アカデミー賞・助演男優賞スピーチ

プレゼンターはミラ・ソルヴィーノ
ノミネート者を紹介
キューバ・グッディング・Jr.(ザ・エージェント)/ウィリアム・H・メイシー(ファーゴ)/アーミン・ミューラー=スタール(シャイン)/エドワード・ノートン(真実の行方)/ジェームズ・ウッズ(ゴースト・オブ・ミシシッピー/原題:Ghosts of Mississippi)

受賞者を発表キューバ・グッディング・Jr.(ザ・エージェント)

【受賞スピーチ・意訳】
俺には少ししか時間がなくて、それで俺は急いでみんなに挨拶しないといけない。そして、あんたらがカットする。あんたたちにブチ切れたくないよ。トム(クルーズ)は妻への感謝を忘れるなと言った。俺は決して忘れない、俺のハイスクールの恋人、そして俺の子供スペンサーとメイソンの母親への感謝を。愛してるよサラ。
そして、ここにいる私の両親、シャーリーとキューバを一番に。
そして...神様、私はあなたを愛しています。ハレルヤ。父なる神よ。あなたが俺を通してしてくれたとを、してくれてありがとう、でも俺はここにいて幸せだ。ただ望むのは(音楽が流れ始める)ああ、さあ行こう...さて、スタジオ、俺はあなたを愛してる。そしてキャメロン・クロウと...トム・クルーズ!愛してるよ、兄弟!俺はあなたを愛してるぜ!(拍手が始まる) Derek Brose、Shawn Suttles、Keith Butler、すべての舞台裏のスタッフ。レジーナ・キング、俺はあんたを愛してる!俺たちが映画を作ったとき、みんな素晴らしい仕事をした!映画に関わったみんな!愛してる!おやまあー!よし行くぞ!俺はあんたを愛してるが、続けるぞ。みんな、愛してる!私はみんなを愛している!キャメロン・クロウ!ジェームズ・L・ブルックス!、ジェームズL.ブルックス、愛してる!これに関わっているみんな!愛してる!愛してる!愛してる!関係者全員を!


スポンサーリンク


film1-red-ue.jpg

第69回アカデミー賞・主演女優賞スピーチ

プレゼンターはニコラス・ケイジ
ノミネート者を紹介。
ブレンダ・ブレシン(秘密と嘘)/ダイアン・キートン(マイ・ルーム)/フランシス・マクドーマンド(ファーゴ)/クリスティン・スコット・トーマス(イングリッシュ・ペイシェント)/エミリー・ワトソン(奇跡の海)
受賞者はフランシス・マクドーマンド(ファーゴ)

【受賞スピーチ・意訳】
この状況で落ち着きを保つことは不可能です。私はここで何をしてるの?特に私がノミネートされた女性達のとんでもない仲間を考えると。私たち5人の女性は、このように豊かで複雑な女性役を演じる機会だけでなく、それを選べて幸運でした。そして、Working TitleやPolygramのような制作者が、監督が市場価値だけでなく、能力による自主的な配役の決定を下せるようにしたことに祝福を。私は作家と監督がこの本当に利益になる女性の役割を続けていくように勧めます、そしてあなたがそれうする間は、あなたは男性のためにも同様に、ちょっとしたことができる。
私の家族、友人、同僚、今夜ここで、世界中で、彼らが誰であるかを正に悟っています。あなたはあなたが誰だかを知っています。そして、あなたが、あなたの援助とあなたの配慮が、私にとってどれほど意味があるか、すでに知っていると願っていますが、私は3人挙げるつもりです。私の演技を作るのを手伝ってくれた「ファーゴ」の共作・監督兼プロデューサー、イーサン・コーエン氏。兄のジョエル・コーエン氏は私の女性性を作り上げた。そして、私たちの月と太陽、私を本当の母親にしたペドロ・マクドーマンド・コーエン氏。我々の仕事に感謝します。
film1-red-ue.jpg
アメリカ映画:1996年
『ファーゴ』
コーエン兄弟のアカデミー賞に輝くクライム・コメディー!!
この映画は嘘か誠か!?実話とフィクションの行方
film1-red-ue.jpg

第69回アカデミー賞・主演男優賞スピーチ

プレゼンターはスーザン・サランドン
演技とは挑戦だと語りながら、時間がない、急ぎましょうとノミネート者を紹介
トム・クルーズ(ザ・エージェント)/レイフ・ファインズ(イングリッシュ・ペイシェント)/ウッディ・ハレルソン(ラリー・フリント)/ジェフリー・ラッシュ(シャイン)/ビリー・ボブ・ソーントン(スリング・ブレイド)

受賞者はジェフリー・ラッシュ(シャイン)

【受賞スピーチ・意訳】
ジェフリー・ラッシュ:
アカデミーのメンバーに感謝します。また、これまで一緒に仕事をしたオーストラリアの俳優や演劇の同僚にも感謝したいと思います。あなた方が遊べる、歴史上のどこでも、本物か想像かを問わず、客を招待できるディナーパーティーのゲームがこれです。
アカデミー協会は、「ラリー・フリント」と「ラズロ・デ・アルマシー伯爵」、「カール・チルダース」と「ジェリー・マグワイア」のテーブルに「デイヴィッド・ヘルフゴット」としての私を座らせることを選び、私を称えました。その夜の会話がどこに向かうのかは想像もつきませんが、そのテーブルに座る俳優としての私は本当に豊かになりました。
楽園の鳥を垣間見る機会を与えてくれたスコット・ヒックスと「シャイン」チーム全員に感謝したい。スコット、ありがとう。私の最愛の妻ジェーン、私はあなたなしではここに立っていなかったでしょう、そしてクイーンズランドのメルルとジョン私の母と継父に。そして、静止不可能なデビッド・ヘルフゴットに。
私の脚本の表紙に、この物語はあなたの人生の出来事に触発されたと、書かれていました。あなたは本当にインスピレーションです。そして、それをサーカスだと人々は言いました。それでも、あなたの祝祭の人生を通し、あなたがサーカスで大胆に危険を冒し、セーフティネットなしで働き、そして、あなたの個人的な詩を我々に与えられると、私に示してくれました。感謝します。
film1-red-ue.jpg
オーストラリア映画:1995年
映画『シャイン』
オーストラリア出身の天才ピアニスト、デビッド・ヘルフゴットの実話
ジェフリー・ラッシュのアカデミー賞主演男優賞受賞作


スポンサーリンク


film1-red-ue.jpg

第69回アカデミー賞・監督賞スピーチ

プレゼンターはメル・ギブソン
今回5本の映画の内4本の脚本が監督によって書かれ、ベテラン監督による素晴らしい5作品だと言いノミネート者を紹介。
アンソニー・ミンゲラ(イングリッシュ・ペイシェント)/ジョエル・コーエン(ファーゴ)/ミロス・フォアマン(ラリー・フリント)/マイク・リー(秘密と嘘)/スコット・ヒックス(シャイン)

受賞者はアンソニー・ミンゲラ(イングリッシュ・ペイシェント)

【受賞スピーチ・意訳】
今日は娘の18歳の誕生日です。お誕生日おめでとう、ハンナ。そして、私が長い間離れていることに我慢してくれた家族全員に感謝します。「uxoriousness(妻を溺愛する)」という言葉の意味を教えてくれた妻に。これは、私が過去4年半にわたって共に肩を並べてきた大勢の人のものです。我々は彼らを本当の国際サンドクラブ(映画に出て来る探検隊の名前)と呼んだ、彼ら全員に感謝します。その全てに感謝します。私のエージェント、MichaelPeretzianとJudyDaishに感謝します。スタッフ全員、ラルフ ・ファインズ、クリスティン ・スコット ・トーマス、ウィレム ・デフォー、ジュリエット、ナビーン、コリン、これを可能にした 全ての人々に感謝します。ボブとハーヴェイ・ワインスタイン、そしてミラマックスのすべての素晴らしいチームに。皆さんを、祝福してください。どうもありがとうございます。そして、悪事の私のパートナーであるソール・ゼインツにも感謝します。これで' 今日はワイト島にとって素晴らしい日です。どうもありがとうございました。
film1-red-ue.jpg
アメリカ映画:1996年
『イングリッシュ・ペイシェント』感想・解説
オスカー作品賞他9部門受賞!!
恋愛劇と反戦テーマの危うい関係とは!?
film1-red-ue.jpg

第69回アカデミー賞・作品賞スピーチ

プレゼンターはアル・パチーノ
みんな長く待ってただろうが、ショウは折り返しに来た(本当は最後)と言い、ノミネート者を紹介。
イングリッシュ・ペイシェント/ファーゴ/ザ・エージェント/秘密と嘘/シャイン

受賞作はイングリッシュ・ペイシェント</span>
【プロデューサー/サウル・ゼインツ】
ソウル・ゼインツ:前にカップがいっぱいだったと言いましたが、今は溢れています。俳優に感謝します。私は俳優が大好きです。プロデューサーは彼らに恋をしていないはずですが、私は彼らを愛しています。そして、私は作家や監督も大好きです。ええと、そして作業したすべての人、スタッフ全員、彼らは映画を作るために起きた出来事に対し、皆が映画のため働き続けた、そのすべての人々に。私たちが中断され、資金が尽きたときも、誰もがそこにとどまりました。イタリアでは、無給で。そして、我々は彼らに支払う金がなかった。それで、ハーベイとボブ・ワインスタインがやって来て、映画の資金を調達しました。そして、私たちは最終カットを取れた。その他にも、映画に関係する全ての人々、映画のために働いた素晴らしいミラマックスの全員。
でも(終わる)前に、ひとつシェイクスピア・ストーリーをしたいのですが、作家を思い出したいが無理です。さて、シェイクスピア、その定義... シェイクスピアは、初期フロイトの盗作者として定義される。OK、私はそれが好きです。

アンソニー・ミンゲラ:マイケル・オンダーチェに感謝します。
ソウル・ゼインツ:私は感謝したい、いや、他の2人に、感謝ではなく、マイケル・オンダーチェ、アンソニー、そして私自身に起こった最高の出来事を一つ言いたいのです。私たちはそれぞれ2人の友達を作りました。そして、マイケルの見事な小説は、正にインスピレーションをアンソニーに与え、それから私にインスピレーションを与えました。マイケルについてはあまり言及できません。そしてアネットに、ありがとう。角にいる男の子たち、マートルとモンロー、そしてバークレーのギャングたち、ありがとうございました。
film1-red-ue.jpg

第69回アカデミー賞・追悼フィルム

1996年にこの世を去った、映画関係者を追悼し動画が流された。
1996年には名匠フレッド・ジンネマン、俳優マルチェロ・マストロヤンニ、グリア・ガーソン等が亡くなった。
film1-red-ue.jpg
関連レビュー:フレッド・ジンネマン監督の傑作
『真昼の決闘』
オスカー受賞!ゲーリー・クーパー&グレース・ケリー共演
西部劇の古典!フレッド・ジンネマン監督の迫真のドラマ
関連レビュー:マルチェロ・マストロヤンニ出演作
映画『ジンジャーとフレッド』
ハリウッドミュージカルを愛したイタリア人
巨匠フェリーニのハリウッド映画愛!

Film2-GrenBar.png

スポンサーリンク


film1-red-ue.jpg

第69回アカデミー賞・各賞結果

賞名受賞ノミネート
脚本賞イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン(ファーゴ)キャメロン・クロウ(ザ・エージェント)/ジョン・セイルズ(真実の囁き(原題:Lone Star))/マイク・リー(秘密と嘘)/ジャン・サーディ,スコット・ヒックス(シャイン)
脚色賞ビリー・ボブ・ソーントン(スリング・ブレイド)アーサー・ミラー(クルーシブル)/アンソニー・ミンゲラ(イングリッシュ・ペイシェント)/ケネス・ブラナー(ハムレット)/ジョン・ホッジ(トレインスポッティング)
長編ドキュメンタリー賞モハメド・アリ かけがえのない日々The Line King: The Al Hirschfeld StoryChildren of Darkness/First Contact/The Profession of Arms/Seeing RedMandela/Suzanne Farrell: Elusive Muse/Tell the Truth and Run: George Seldes and the American Press
外国語映画賞コーリャ 愛のプラハシェフ イン ラブ/Sondagsengler (The Other Side of Sunday)/コーカサスの虜/リディキュール
撮影賞イングリッシュ・ペイシェントエビータ/ファーゴ/グース/マイケル・コリンズ
編集賞イングリッシュ・ペイシェントブルーサンダー/フラッシュダンス/シルクウッド/愛と追憶の日々エビータ/ジョエル・コーエン,イーサン・コーエン/ザ・エージェント/シャイン
作曲賞(ドラマ)イングリッシュ・ペイシェントハムレット/マイケル・コリンズ/シャイン/スリーパーズ
作曲賞(ミュージカル/コメディ)Emma エマファースト・ワイフ・クラブ/ノートルダムの鐘/ジャイアント・ピーチ/天使の贈り物
美術賞イングリッシュ・ペイシェントバードケージ/エビータ/ハムレット/ロミオ&ジュリエット
視覚効果賞インデペンデンス・デイドラゴンハート/ツイスター
音響賞イングリッシュ・ペイシェントエビータ/インデペンデンス・デイ/ザ・ロック/ツイスター
音響効果編集賞ゴースト&ダークネスデイライト/イレイザー
メイクアップ賞 ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合STAR TREK ファースト・コンタクト/ゴースト・オブ・ミシシッピー(原題:Ghosts of Mississippi)
主題歌賞“You Must Love Me”(エビータ)“Because You Loved Me”(アンカーウーマン)/“For The First Time”(素晴らしき日)/“I Finally Found Someone”(マンハッタン・ラプソディ)/“That Thing You Do!”(すべてをあなたに)
短編実写映画賞Dear DiaryDe Tripas, Corazon/Ernst & Lyset/Esposados/Wordless
短編アニメーション賞QuestCanhead/La Salla/Wat's Pig
短編ドキュメンタリー賞Breaking the HabitBreathing Lessons: The Life and Work of Mark O'BrienCosmic Voyage/An Essay on Matisse/Special Effects/The Wild Bunch: An Album in Montage)
アカデミー名誉賞マイケル・キッド
アービング・G ・タルバーグ賞ソウル・ゼインツ






posted by ヒラヒ at 17:00| Comment(0) | アカデミー賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]