2020年08月19日

カイエ・デュ・シネマ発表『映画史上最高の映画作家50人』日本人もランクイン!/2008年発表フランス映画批評誌の選ぶ映画作家のベスト

フランス映画評論誌「カイエ・デュ・シネマ」発表!
『映画史上最高の映画監督50人』



フランス発の映画革命ヌーヴェル・バーグを生んだ雑誌「カイエ・デュ・シネマ」が選んだ偉大な映画作家のリストです。
「カイエ・デュ・シネマ」(Les Cahiers du cinéma)は、フランスの映画批評誌である。初代編集長アンドレ・バザン提唱の「作家主義」、および同誌の執筆者からヌーヴェルヴァーグの映画作家たちを生んだことで知られる。
1951年4月、バザン、ヴァルクローズ、ジョゼフ=マリー・ロ・デュカ(ジュゼッペ・マリア・ロ・デュカ)らによって創刊。ロメール、リヴェット、ゴダール、クロード・シャブロル、トリュフォーら、後にヌーヴェルヴァーグの映画作家となる若者たちが批評家として活躍していた。「作家主義」を掲げて、フランスの映画批評に新たな風を吹き込んだ。(wikipediaより)

そんな「カイエ・デュ・シネマ」が2008年に発表したのが、この『映画史上最高の映画監督50人』です。

同時に『理想的なシネマテークのための映画ベスト100』(100 films pour une cinémathèque idéale)も発表されました。
リストの順位は映画関係の78人、映画監督、批評家、業界関係者や文化・歴史家などの投票を集計し、2008年11月公表されました。投票数が同点となった場合は同位となりますので、同位が何人にもなるという事になります。
Film2-GrenBar.png

スポンサーリンク


Film2-GrenBar.png

それでは、いよいよ『映画史上最高の映画監督50人』のリストをご紹介。
下のリストの監督にリンクを貼って有るのは、当ブログで紹介している監督作品です。どの作品を選んだかは見てのお楽しみということで・・・・・・
film1-Blu-sita.jpg

フランス映画評論誌「カイエ・デュ・シネマ」2008年発表
『映画史上最高の映画監督50人』リスト


◎当リストBGMに、このリスト内の監督ジャック・ドゥミの作品よりこのテーマ曲はいかが?
Film2-GrenBar.png
49位 .ラオール・ウォルシュ
49位 .ジョージ・キューカー
47位 .レオ・マッケリー
47位 .オットー・プレミンジャー
46位 .ジャック・タチ
43位 .チャールズ・ロートン
43位 .ジャック・ドゥミ
43位 .フランシス・フォード・コッポラ
41位 .ウディ・アレン
41位 .ジャック・ベッケル
40位 .ニコラス・レイ
39位 .ジャン・ヴィゴ
38位 .モーリス・ピアラ
36位 .D・W・グリフィス
36位 .キング・ヴィダー
35位 .エリア・カザン
34位 .ジョン・ヒューストン
32位 .エリッヒ・フォン・シュトロハイム
32位 .小津 安二郎
30位 .バスター・キートン
30位 .ビリー・ワイルダー
29位 .マルセル・カルネ
28位 .セルゲイ・エイゼンシュテイン
27位 .ミケランジェロ・アントニオーニ
26位 .ジョセフ・フォン・スタンバーグ
23位 .ロベルト・ロッセリーニ
23位 .ジョセフ・L・マンキウィッツ
23位 .ヴィンセント・ミネリ
21位 .スタンリー・キューブリック
21位 .フランソワ・トリュフォー
20位 .カール・テオドア・ドライヤー
19位 .アラン・レネ
18位 .マックス・オフュルス
17位 .黒澤 明
16位 .溝口 健二
14位 .ロベール・ブレッソン
14位 .ルキノ・ヴィスコンティ
13位 .エルンスト・ルビッチ
11位 .フェデリコ・フェリーニ
11位 .ジャン=リュック・ゴダール
10位 .ハワード・ホークス
9位 .F・W・ムルナウ
8位 .ルイス・ブニュエル
7位 .イングマール・ベルイマン
6位 .オーソン・ウェルズ
5位 .ジョン・フォード
3位 .フリッツ・ラング
2位 .アルフレッド・ヒッチコック
1位 .ジャン・ルノワール
Film2-GrenBar.png


スポンサーリンク


film1-Blu-sita.jpg

『映画史上最高の映画作家50人』感想

フランス映画評論誌「カイエ・デュ・シネマ」が呼びかけ、フランス人の選者が選んだだけあって、欧州監督も多く取り上げられたいる印象です。

ヒッチコックやハワード・ホークスなどヌーベルバーグ作家が高く評価した監督以外にも、1位にフランス人監督ジャン・ルノワールを選出しているのもフランス的プライドを感じたりします。

日本映画界からは、黒澤明、溝口健二、小津安二郎がランクインしています。

世界中で、様々な意図で「映画ベスト100」が企画されています。
◎いろいろな『映画ベスト100』企画紹介
世界各国で選ばれた『映画100本』のリストを紹介!!!
映画界、映画ファン、映画評論家など、選定方法もさまざま!
日本映画も各リストでランクイン!


また、映画の歴史に興味があれば、アカデミー賞の歴代受賞はいかがでしょうか?
関連レビュー:オスカー受賞一覧
『アカデミー賞・歴代受賞年表』
栄光のアカデミー賞:作品賞・監督賞・男優賞・女優賞
授賞式の動画と作品解説のリンクがあります。
film_oscar.png




posted by ヒラヒ・S at 17:00| Comment(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]