2020年08月06日

『理想的なシネマテークのための映画ベスト100』日本映画も選出!/フランス映画評論誌「カイエ・デュ・シネマ」2008年発表

フランス映画評論誌「カイエ・デュ・シネマ」発表!
『理想的なシネマテークのための映画ベスト100』


フランス発の映画革命ヌーヴェル・バーグを生んだ雑誌「カイエ・デュ・シネマ」が選んだ映画リストです。
「カイエ・デュ・シネマ」(Les Cahiers du cinéma)は、フランスの映画批評誌である。初代編集長アンドレ・バザン提唱の「作家主義」、および同誌の執筆者からヌーヴェルヴァーグの映画作家たちを生んだことで知られる。
1951年4月、バザン、ヴァルクローズ、ジョゼフ=マリー・ロ・デュカ(ジュゼッペ・マリア・ロ・デュカ)らによって創刊。ロメール、リヴェット、ゴダール、クロード・シャブロル、トリュフォーら、後にヌーヴェルヴァーグの映画作家となる若者たちが批評家として活躍していた。「作家主義」を掲げて、フランスの映画批評に新たな風を吹き込んだ。(wikipediaより)

そんな「カイエ・デュ・シネマ」が発表したのが、この『理想的なシネマテークのための映画ベスト100』(100 films pour une cinémathèque idéale)です。
そのタイトルでも分かるとおり、シネマテーク(上映ホールを備えた映画図書館)が揃えるべき映画資料として、100本の映画を選出したという意味づけかと思います。
映画関係の78人、映画監督、批評家、業界関係者や文化・歴史家などの投票を集計し、2008年11月公表されました。投票数が同点となった場合は同位となりますので、例えば86位が16本あるという事になります。
Film2-GrenBar.png

スポンサーリンク


Film2-GrenBar.png

それでは、いよいよ『理想的なシネマテークのための映画ベスト100』のリストをご紹介。
当ブログで紹介した映画にはリンクを貼っていますので、よろしければご覧ください。
film1-Blu-sita.jpg

フランス映画評論誌「カイエ・デュ・シネマ」2008年発表
『理想的なシネマテークのための映画ベスト100』リスト


◎当リストBGMに、このリスト内の映画『ノッティングヒルの恋人』からこの曲はいかが?
<エルビス・コステロ「SHE」>

Film2-GrenBar.png86位 ナポレオン (1927/フランス)アベル・ガンス
86位 自転車泥棒 (1948/イタリア)ヴィットリオ・デ・シーカ
86位 暗黒街の顔役 (1932/アメリカ)ハワード・ホークス
86位 黄金狂時代 (1925/アメリカ)チャールズ・チャップリン
86位 夜と霧 (1955/フランス)アラン・レネ
86位 モード家の一夜 (1969/フランス)エリック・ロメール
86位 マルホランド・ドライブ (2001/アメリカ)デヴィッド・リンチ
86位 マンハッタン (1979/アメリカ)ウディ・アレン
86位 ローラ (1961/フランス、イタリア)ジャック・ドゥミ
86位 忘れじの面影 (1948/アメリカ)マックス・オフュルス
86位 陽は昇る (1939/フランス)マルセル・カルネ
86位 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ (1984/アメリカ、イタリア)セルジオ・レオーネ
86位 キッスで殺せ! (1955/アメリカ)ロバート・アルドリッチ
86位 エル (1953/メキシコ)ルイス・ブニュエル
86位 アメリカ アメリカ (1963/アメリカ)エリア・カザン
76位 ぼくの伯父さんの休暇 (1953/フランス)ジャック・タチ
76位 スタア誕生 (1954/アメリカ)ジョージ・キューカー
76位 バンド・ワゴン (1953/アメリカ)ヴィンセント・ミネリ
76位 タブウ (1931/アメリカ)F・W・ムルナウ
76位 パーティ (1968/アメリカ)ブレイク・エドワーズ
76位 トーク・トゥ・ハー (2002/スペイン)ペドロ・アルモドバル
76位 山椒大夫 (1954/日本)溝口健二
76位 恋のページェント (1934/アメリカ)ジョセフ・フォン・スタンバーグ
76位 アンドレイ・ルブリョフ (1966/ソ連)アンドレイ・タルコフスキー
76位 めぐり逢い (1957/アメリカ)レオ・マッケリー
65位 Van Gogh (1991/フランス)モーリス・ピアラ
65位 モダンタイムス (1936/アメリカ)チャールズ・チャップリン
65位 夏の嵐 (1954/イタリア)ルキノ・ヴィスコンティ
65位 無防備都市 (1945/イタリア)ロベルト・ロッセリーニ
65位 プレイタイム (1967/フランス)ジャック・タチ
65位 ピクニック (1946/フランス)ジャン・ルノワール
65位 イントレランス (1916/アメリカ)D・W・グリフィス
65位 大いなる幻影 (1937/フランス)ジャン・ルノワール
65位 バリー・リンドン (1975/イギリス)スタンリー・キューブリック
65位 地獄の黙示録 (1979/アメリカ)フランシス・フォード・コッポラ
65位 勝手にしやがれ (1960/フランス)ジャン=リュック・ゴダール
58位 裁かるゝジャンヌ (1928/フランス)カール・テオドール・ドライエル
58位 殺人狂時代 (1947/アメリカ)チャールズ・チャップリン
58位 素晴らしき哉、人生! (1946/アメリカ)フランク・キャプラ
58位 極楽特急 (1932/アメリカ)エルンスト・ルビッチ
58位 ザ・デッド/「ダブリン市民」より (1987/イギリス、アイルランド、アメリカ)ジョン・ヒューストン
58位 甘い生活 (1960/イタリア)フェデリコ・フェリーニ
58位 大人は判ってくれない (1959/フランス)フランソワ・トリュフォー
50位 七人の侍 (1954/日本)黒澤明
50位 ローラ殺人事件 (1944/アメリカ)オットー・プレミンジャー
50位 キング・コング (1933/アメリカ)メリアン・C・クーパー&アーネスト・B・シュードサック
50位 ゲアトルーズ(ガートルード) (1964/デンマーク)カール・テオドール・ドライエル
50位 走り来る人々 (1958/アメリカ)ヴィンセント・ミネリ
50位 お熱いのがお好き (1959/アメリカ)ビリー・ワイルダー
50位 美女と野獣 (1946/フランス)ジャン・コクトー
50位 フェリーニのアマルコルド (1973/イタリア、フランス)フェデリコ・フェリーニ
45位 とらんぷ譚 (1936/フランス)サッシャ・ギトリ
45位 気狂いピエロ (1965/フランス、イタリア)ジャン=リュック・ゴダール
45位 ラ・ジュテ (1962/フランス)クリス・マルケル
45位 8 1/2 (1963/イタリア)フェデリコ・フェリーニ
45位 群衆 (1928/アメリカ)キング・ヴィダー
43位 ファニーとアレクサンデル (1982/スウェーデン、フランス、西ドイツ)イングマール・ベルイマン
43位 2001年宇宙の旅 (1968/アメリカ、イギリス)スタンリー・キューブリック
36位 風 (1928/アメリカ)ヴィクトル・シェストレム
36位 黒い罠 (1958/アメリカ)オーソン・ウェルズ
36位 ゴッドファーザー (1972/アメリカ)フランシス・フォード・コッポラ
36位 イワン雷帝 (1944/ソ連)セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
36位 汚名 (1946/アメリカ)アルフレッド・ヒッチコック
36位 戦艦ポチョムキン (1925/ソ連)セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
36位 情事 (1960/イタリア)ミケランジェロ・アントニオーニ
30位 ディア・ハンター (1978/アメリカ)マイケル・チミノ
30位 快楽 (1952/フランス)マックス・オフュルス
30位 たそがれの女心 (1953/フランス、イタリア)マックス・オフュルス
30位 ムーンフリート (1955/アメリカ)フリッツ・ラング
30位 裸足の伯爵夫人 (1954/アメリカ、イタリア)ジョセフ・L・マンキウィッツ
30位 肉体の冠 (1951/フランス)ジャック・ベッケル
24位 スリ (1959/フランス)ロベール・ブレッソン
24位 北北西に進路を取れ (1959/アメリカ)アルフレッド・ヒッチコック
24位 パンドラの箱 (1929/ドイツ)G・W・パブスト
24位 二十四時間の情事 (ヒロシマモナムール) (1959/フランス、日本)アラン・レネ
24位 山猫 (1963/イタリア、フランス)ルキノ・ヴィスコンティ
24位 独裁者 (1940/アメリカ)チャールズ・チャップリン
21位 ママと娼婦 (1973/フランス)ジャン・ユスターシュ
21位 大砂塵 (1954/アメリカ)ニコラス・レイ
21位 フリークス (怪物團) (1932/アメリカ)トッド・ブラウニング
16位 音楽サロン (1958/インド)サタジット・レイ
16位 吸血鬼ノスフェラトゥ (1922/ドイツ)F・W・ムルナウ
16位 キートンの大列車追跡(キートン将軍他複数題有)(1927/アメリカ)バスター・キートン&クライド・ブラックマン
16位 街の灯 (1931/アメリカ)チャールズ・チャップリン
16位 雨月物語 (1953/日本)溝口健二
15位 軽蔑 (1963/フランス、イタリア)ジャン=リュック・ゴダール
14位 東京物語 (1953/日本)小津安二郎
12位 生きるべきか死ぬべきか (1942/アメリカ)エルンスト・ルビッチ
12位 リオ・ブラボー (1959/アメリカ)ジョン・フォード
9位 グリード (1924/アメリカ)エリッヒ・フォン・シュトロハイム
9位 捜索者 (1956/アメリカ)ジョン・フォード
9位 天井桟敷の人々 (1945/フランス)マルセル・カルネ
8位 めまい (1958/アメリカ)アルフレッド・ヒッチコック
7位 雨に唄えば (1952/アメリカ)スタンリー・ドーネン&ジーン・ケリー
6位 M (1931/ドイツ)フリッツ・ラング
5位 アタラント号 (1934/フランス)ジャン・ヴィゴ
4位 サンライズ (1927/アメリカ)F・W・ムルナウ
2位 ゲームの規則 (1939/フランス)ジャン・ルノワール
2位 狩人の夜 (1955/アメリカ)チャールズ・ロートン
1位 市民ケーン (1941/アメリカ)オーソン・ウェルズ
Film2-GrenBar.png


スポンサーリンク


film1-Blu-sita.jpg

『理想的なシネマテークのための映画ベスト100』感想

フランス映画評論誌「カイエ・デュ・シネマ」が選んだだけあって、アメリカやイギリスの権威が選んだベスト100とは違う印象です。
◎英国映画協会のベスト映画企画
『映画評論家が選ぶ映画ベスト100』
日本映画が6本選出!!!
世界中の映画評論家が選んだ映画の中の映画とは?

リストの中にフランス映画はもちろん、イタリア映画や、非英語圏の映画が多いように思います。

日本映画も、黒澤明 (七人の侍)、溝口健二(山椒大夫、雨月物語)、小津安二郎(東京物語)とリストアップされています。

ただイギリスの「テレグラム」他複数のメディアは、イギリス映画がリストにない事を非難しています。(http://www.filmdetail.com/2008/11/23/cahiers-du-cinemas-100-greatest-films/

いろいろありはしますが、人種、言語が違えば文化評価も違うのは当然と思いますが・・・・・・・・・・・

そんな事で、世界中で、様々な意図で「映画ベスト100」が企画されています。
◎いろいろな『映画ベスト100』企画紹介
世界各国で選ばれた『映画100本』のリストを紹介!!!
映画界、映画ファン、映画評論家など、選定方法もさまざま!
日本映画も各リストでランクイン!


また、映画の歴史に興味があれば、アカデミー賞の歴代受賞はいかがでしょうか?
関連レビュー:オスカー受賞一覧
『アカデミー賞・歴代受賞年表』
栄光のアカデミー賞:作品賞・監督賞・男優賞・女優賞
授賞式の動画と作品解説のリンクがあります。
film_oscar.png




posted by ヒラヒ・S at 17:00| Comment(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]