2020年06月23日

映画『俺たちに明日はない』伝説のバロウ・ギャング!再現ストーリー/詳しいあらすじ・ネタバレ・ラスト・解説_公開時評価

映画『俺達に明日はない』(あらすじ・ネタバレ・結末 編)

原題 Bonnie and Clyde
作国 アメリカ
製作年 1967
上映時間 112分
監督 アーサー・ペン
脚本 デイヴィッド・ニューマン 、ロバート・ベントン
製作 ウォーレン・ベイティ


評価:★★★★  4.0




1967年のアメリカ映画界の革命、アメリカン・ニューシネマの記念碑的作品。

大恐慌時代の伝説の強盗カップルのボニーとクライドの、壮絶な人生を、史実を元に鮮烈に描く。

その、暴力的表現と性的な描写は、それまでのハリウッド映画とは隔絶した革新的な表現であり、その後の映画に影響を与えた。
film1-Blu-sita.jpg
film1-Blu-sita.jpg
film1-Blu-sita.jpg

<目次>
映画『俺達に明日はない』ストーリー
映画『俺達に明日はない』予告・出演者
映画『俺達に明日はない』解説/高評価の映画ランキング紹介
映画『俺達に明日はない』ネタバレ・結末

film1-Blu-sita.jpg

映画『俺達に明日はない』ストーリー


自分の部屋で化粧をするボニーパーカー()は苛立っていた。
bonny_first.png
その時、窓から自分の家の車を盗もうとしている、クライドバロー()を発見して声をかけた。
興味を持った彼女は、急いで着替えると急いで外に出た。
bonny_stole.png
ボニーがウェイトレスの仕事に向かうのに、クライドもついて行き、自分が強盗で捕まり刑務所から出てきたばかりだと語った。
bonny_gotown.png
そして、刑務所でサボるために指を切ったと見せようとする。

ボニーはクライドに本当に強盗をしたのかと疑うと、クライドは見てろと言い残し、ドッラグストアーに入ると現金を掴みでて来た。
bonny_mon.png
車を盗んで立ち去る二人は、お互いの名前を告げあった。逃げる車の中で興奮したボニーはクライドにキスの雨を降らせた。
しかし、車を止めたクライドは男性機能が不能だと告げた。
失望したボニーが帰るというと、クライドは君は俺と世間を驚かせることが出来る。見た瞬間にテキサスで一番の女だと思ったと語った。
bonny_no1.png
退屈なウェイトレス暮らしに飽き飽きしていたボニーは、クライドと一緒に行動することを決め、一晩空き家で過ごした。

朝になると、その家に住んでいた家族が現れた。大恐慌で破産し銀行に財産を差し押さえられたと彼等は恨んでいた。
bonny_fam.png
クライドは俺は銀行強盗だとにこやかに、彼等に告げた。

2人は車を盗み、移動を繰り返しながら銀行強盗を働くようになる。
bonny_wc.png
そんな2人に、車の修理によった工場で働くC.W.モス(マイケル・J・ポラード)も二人の仲間に入った。

そして、ある日の銀行強盗で、クライドはついに行員を撃ち殺した。逃げた部屋で、クライドはボニーに、今なら君は捕まらない分かれようと言ったが、ボニーはクライドを選んだ。
bonny_bed.png
固く抱き合い口付けを交わす2人。しかし、結ばれることは出来なかった。

さらに、クライドの兄バック(ジーン・ハックマン)とその妻ブランチ(エステル・パーソンズ)が仲間に加わり、その犯行は新聞で報じられるようになり、バロウ・ギャングとして世間に知られるようになった。
bonny_bro.png
そんな5人が隠れ家に入ったところを、警官隊に急襲され、ブランチが叫び右往左往する中、他の四人は銃を撃ちまくり強行突破した。
bonny_break.png
ボニーは車の中でも叫び続ける、足手まといのブランシェを嫌い、2人の間で罵りあいが始まる。ボニーはブランチが足手まといだと責めた。
それでも5人は強盗を繰り返し、ますますその動きは新聞で大きく取り上げられるようになる。
bonny_news.png
そんな五人をテキサス州警官のフランク・ヘイマー(デンヴァー・パイル)が追跡したが、逆にヘイマーは五人に捕まり、共に写真を撮られるなど、さんざんに屈辱を受けた後解放された。
bonny_hama.png
バロウ・ギャングは、銀行に押し入っては、別の州に逃げ込むと警察が追って来れないのを良いことに、州をまたいで犯行を重ねた。

バロウ・ギャングを追う官憲の手を日々感じるようになった、あいかわらずボニーとブランチの仲も上手く行かない。
ある日車を盗んだところ、持ち主が追ってきたのを逆に脅し、車にのせバロウ・ギャングだと名乗ると、乗せられたカップルは興奮して喜んだ。
bonny_catch.png
彼等を乗せて夜まで走った時、彼等の職業が葬儀屋だと知り、ボニーは彼等を車から追い出した。

そして翌朝ボニーは、一人車を離れ姿を消し、追いついたクライドに家に帰りたいと泣いた。
ボニーの家を訪れ母や家族と会い、ピクニックを楽しんだ。
bonny_mum.png
しかし、ボニーの母は別れ際、あなた達は一生逃げ回るしかないと、悲しげに別れを告げた。

警察の包囲網は、更に厳しくなっていく。そして、ついに逃避行の途中モーテルに泊まった所をテキサス州の警官に包囲され、警官隊との激しい銃撃戦が繰り広げられた。
bonny_armar.png
ボニーとクライド、そしてC.W.モスは、何とかに車に乗り込んだが、その際クライドの兄バックは頭に弾丸を受け、瀕死の状態となり、バックの妻ブランチも視力を失う。
bonny_under.png
車で人気のいない草原まで逃げたものの、日が昇るとそこも警官隊に包囲され、手負いのバックとブランチは逮捕された。
ボニーとクライド、そしてC.W.モスは徒歩で逃げが、ボニーとクライドは体に銃弾を受けた。
bonny_river.png
1人無傷のC.W.モスは、車を盗むと2人を乗せ、まだ知られていない、自分の生家に向かった。

その頃、テキサス州警官フランク・へイマーは屈辱を晴らそうと、逮捕されたブランシェを尋問していた。
bonny_serch.png
彼女の眼が見えない事を利用して、CWモスの名前を聞き出した。
film1-Blu-sita.jpg

映画『俺達に明日はない』予告


映画『俺達に明日はない』出演者

クライド・バロウ(ウォーレン・ベイティ)/ボニー・パーカー(フェイ・ダナウェイ)/C・W・モス(マイケル・J・ポラード)/バック・バロウ(ジーン・ハックマン)/ブランチ・バロウ(エステル・パーソンズ)/フランク・ヘイマー(デンヴァー・パイル)/ユージン・グリザード(ジーン・ワイルダー)/ヴェルマ・デイヴィス(エヴァンス・エヴァンス)/アイヴァン・モス(ダブ・テイラー)
Film2-GrenBar.png

スポンサーリンク


film1-Blu-sita.jpg

映画『俺達に明日はない』解説

アメリカ公開時の評価と現在の評価


この映画は、犯罪者、殺人犯を、ヒロイックに好意的に描いている点と、激しい暴力表現のため、公開時に議論を巻き起こしました。
ニューヨーク・タイムズ紙のボズレー・クロザー映画評
「それは、まるでジャズエイジを舞台にした『モダンミリー』のような、ふざけた楽しみとお祭り騒ぎとして、その汚らしい、愚かな一組の憎むべき略奪を扱った、安っぽく醜いドタバタコメディーです。」と批判した。

バラエティのデイブ・カウフマンの映画評
「映画の方向が不均一であり、ボニーとクライドを不器用なばかな性格として描写している。」と批判した。

ニューズウィークのジョーモルゲンシュテルンの映画評
当初は「愚かな取引のため汚い撃ち合いの多い映画。」と批判したが、熱狂的な聴衆反応を見た後で、映画を誤って判断していたとし、賞賛した記事を書いた。

映画評論家ロジャー・エバートの映画評
「アメリカ映画の歴史における画期的な出来事であり、真実と輝きの作品」で「それはまた、情け深く、吐き気を催し、おかしく、悲痛な、そして驚くほど美しく、無慈悲で残酷です。これらの言葉につながりがないと思うならば、おそらくそれは映画が人生の全てを、ほとんど反映していないからです。」と絶賛した。

この映画は公開当時に高い興行収入を上げ、『マイフェアレディー』に次ぐ、2番目に高い収益を上げた映画でした。

この映画が切り開いた、過激な暴力シーンと性的表現は、映画芸術の表現の拡大を促したと賞賛される一方、映像表現として過激化する暴力の方向性を生んだとして、まだ批判されることがあります。

個人的に言えば、確かにこの映画の暴力表現は過激ですが、問題はその激しい描写がドラマとして求められているか否か、つまりはそのテーマの必然として求められているかが問題だろうと思います。

そして、この映画の時代背景、公開示の社会状況、映画のテーマ(反社会的行為の必然と、その行為の結果)を描くためには必要だと信じています・・・・・

現代の評価として、アメリカ映画評価サイト「ロッテン・トマト」を引用します。
そのサイトでは 87%の高評価をつけており、以下のようにこの映画を総括しています。
「アメリカの映画のパラダイムシフトの古典である『俺たちに明日はない』は、数十年後も恐怖を通して、反響し続ける威力を秘めたパンチに満ちている」
Film2-GrenBar.png

スポンサーリンク


film1-Blu-sita.jpg
以下の文章には

映画『俺達に明日はない』ネタバレ

があります。
(あらすじから)
ボニーとクライドは、モスの父アイヴァン・モス(ダブ・テイラー)から暖かく迎えられた。
bonny_ivern.png
しかし、その裏ではモスの父は、息子をヤクザ者めとなじり、責めた。
そしてモスの父は、へイマーと密かに連絡を取り、息子の減刑と引き換えにボニーとクライドを売り渡した。
bonny_sold.png
そうとは知らない、二人はボニーの詩を新聞社に送り掲載された。
ピクニックに行き新聞に載ったボニーの詩を読んだ。

【意訳】If they try to act like citizens(彼らが市民として暮らそうとして)
And rent them a nice little flat,(可愛い素敵な部屋を借りても)
About the third night(3日目の夜には)
They're invited to fight(彼らは戦いに巻き込まれる)
By a sub-gun's rat-tat-tat.(機関銃がダンダンダンと鳴る)
They don't think they're too tough or desperate,(彼らは、タフで過激だとは思っていない)
They know that the law always wins;(彼らは、法律が勝利を収めると知っている)
They've been shot at before,(彼はすでに弾丸を浴びた)
But they do not ignore(それでも彼らは受け入れる)
That death is the wages of sin.(その死は罪の代価なれば)
Some day they'll go down together;(ある日彼らは共に斃(たお)れる)
And they'll bury them side by side;(そして、彼らは隣り合わせに葬られる)
To few it'll be grief(幾人かにとってそれは悲嘆)
To the law a relief(法律にとってはそれは救い)
But it's death for Bonnie and Clyde.(しかし、ボニーとクライドにとっては、それは死)


そして、その詩は俺の人生だと感動したクライドは、ボニーを抱くと草原で始めて結ばれた。
その夜、クライドはボニーに結婚しようと言った。
bonny_marry.png

その翌日、町に行った2人は、罠が仕掛けられているとは知らず、モスの家へと帰路に着いた―
film1-Blu-sita.jpg

映画『俺達に明日はない』結末・ラスト


その道路わきで、モスの父がトラックのパンク修理をする振りをし、ボニーとクライドを待ち受ける。
クライドは、停車しアイヴァンの修理を手伝おうと傍らに立った。

瞬間、イヴァンが身を翻すと、茂みの中から警察隊が発砲し、射撃音は全てを圧し鳴り止まず、弾丸が雷雨のように2人の体に突き刺さった。
2人の体は、マリオネットのように着弾の衝撃で、その体を踊らせた。
bonny_lookdown.png
ハマーを始め警官隊は、動かなくなったボニーとクライドを見下ろしていた。
bonny_end.png




posted by ヒラヒ・S at 17:00| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]