2017年05月29日

1944年開催・第16回アカデミー賞/授賞式・全受賞作品・ノミネート・動画紹介

1944年開催・第16回アカデミー賞・授賞式


oscar-logo.jpg1943年の映画を対象として、第16回アカデミー賞は1944年3月2日に、カリフォルニア州ロサンゼルスのグローマンズ・チャイニーズ・シアターで開催されました。この年のアカデミー賞は、最多部門にノミネートされたのが『聖処女』で12部門にノミネートされました。
そしてこの年対象となった作品には、名作『カサブランカ』と『誰が為に鐘は鳴る』が入っています。
第二次世界大戦の真っ最中であり、その趨勢は連合国の勝利に傾きつつあった。そんな戦争の時代を背景に、映画も戦争プロパガンダの色彩を帯び、また直接的な戦意高揚映画の名前も見えます。
授賞式ニュース映像

【大意】ロサンゼルスで、グリア・ガーソンがプレゼンターでジェニファー・ジョンズにオスカーを渡します。16回アカデミー賞が、アカデミー映画芸術学術協会により開かれた。ジョージ・マーフィーがプレゼンターでポール・ルーカスの『ラインの監視』の演技に対しオスカーを渡す。トレーサ・ライトがカティーナ・パクシヌーの『誰が為に鐘は鳴る』の助演演技に、助演男優賞はドナルド・クリスプがチャールズ・コバーン『陽気なルームメイト』の演技に、オスカーを渡した。カラー映像部門は『オペラ座の怪人』が受賞し、司会ジャック・ベニーはジャック・ワーナーがプロデューサーした『カサブランカ』に作品賞を渡しました。

関連レビュー:第16回アカデミー賞作品賞
『カサブランカ』
イングリッド・バーグマン
ハンフリー・ボガードの共演。

======================================================

1944年・第16回アカデミー賞・司会ジャック・ベニー

======================================================

ジャック・ベニー(Jack Benny、本名:Benjamin Kubelsky、1894年2月14日 - 1974年12月26日)は、アメリカ合衆国の コメディアン、ヴォードヴィリアン、俳優。主にラジオ番組やテレビ番組、映画などで活躍した。
1944-jackbenny.jpg20世紀のアメリカ合衆国の芸能界をリードした人物として知られるベニーは、comic timingや"Well!" といった短い言葉だけでも人を笑わせる能力で知られている。
彼が1930年代から1950年代にかけて出演して人気を博したラジオ番組やテレビ番組は後のシチュエーションコメディに影響を与えている。(wikipediaより)

下:ジャック・ベニーの得意なヴァイオリン芸

======================================================

1944年・第16回アカデミー賞・各賞結果

======================================================
======================================================

1944年・第16回アカデミー賞・助演男優賞

======================================================

受賞者:チャールズ・コバーン(陽気なルームメイト)
チャールズ・コバーン経歴動画

チャールズ・コバーン(Charles Coburn, 1877年6月19日 - 1961年8月30日)は、アメリカ合衆国の俳優。『The More the Merrier』(1943年、日本劇場未公開)で第16回アカデミー賞の助演男優賞を受賞している。片眼鏡で知られるが、これは伊達眼鏡ではなく、実際に目が悪かったからである。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれている。(Wikipediaより)
他ノミネート者
チャールズ・ビックフォード(聖処女)/J・キャロル・ネイシュ(サハラ戦車隊)/クロード・レインズ(カサブランカ)/エイキム・タミロフ(誰が為に鐘は鳴る)

======================================================

1944年・第16回アカデミー賞・助演女優賞

======================================================

受賞者:カティーナ・パクシヌー(誰が為に鐘は鳴る)
カティーナ・パクシヌー経歴動画

カティーナ・パクシヌー(Katina Paxinou, 1900年12月17日 - 1973年2月22日)は、ギリシャのピレウス出身の女優である。
1928年に初舞台を踏み、1930年代初頭にギリシャ国立劇場(当時は王立劇場)の創設メンバーとなる。第二次世界大戦が始まるとイギリスに渡り、その後、アメリカ合衆国でブロードウェイの舞台に立つ。
1943年のサム・ウッド監督の映画『誰が為に鐘は鳴る』で映画デビュー、同作の演技で第16回アカデミー賞助演女優賞および第1回ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞する。(wikipediaより)
関連レビュー:第16回アカデミー賞助演女優賞
『誰が為に鐘は鳴る』
スペイン内戦の義勇軍の戦い。
イングリッド・バーグマンとゲーリー・クーパー。

他ノミネート者
グラディス・クーパー(聖処女)/ポーレット・ゴダード(So Proudly We Hail!)/アン・リベール(聖処女)/ルシル・ワトソン(ラインの監視)

======================================================

1944年・第16回アカデミー賞・監督賞

======================================================

受賞者:マイケル・カーティス(カサブランカ)
マイケル・カーティス:高評価ベスト30

16th michealCurtis.jpg
マイケル・カーティス(Michael Curtiz, 1888年12月24日 - 1962年4月11日)は、ハンガリー、ブダペスト出身の映画監督。
1888年12月24日にハンガリーのブダペストにアシュケナジム・ユダヤ人の家庭に生まれる。
当時は左翼思想の持ち主で、1918年にはハンガリーで左翼陣営のプロパガンダ映画である、最初の長編映画を発表している。1919年、ハンガリーにおける共産主義革命が失敗したため、ドイツに亡命した。
1927年に同じユダヤ系のワーナー・ブラザースのジャック・ワーナーから請われてハリウッドに入りアメリカに帰化した。
他ノミネート者
エルンスト・ルビッチ(天国は待ってくれる)/クラレンス・ブラウン(町の人気者)/ジョージ・スティーブンス(陽気なルームメイト)/ヘンリー・キング(聖処女)

======================================================

1944年・第16回アカデミー賞・主演男優賞

======================================================

受賞者:ポール・ルーカス(ラインの監視)
ポール・ルーカス経歴動画

ポール・ルーカス(Paul Lukas, 1891年5月26日 - 1971年8月15日)はハンガリー出身の俳優。本名はPál Lukács。映画出演は1915年が最初、1925年に『サムソンとデリラ』で本格的に映画界に進出。アドルフ・ズーカーに認められ1927年に渡米して、1928年の『三悪人』でアメリカ映画にも出演するようになる。以来、ハリウッドの名脇役として息の長い俳優生活を続け、舞台・ラジオ・テレビに活躍した。1943年にはヒット舞台劇の映画化で舞台と同役の『ラインの監視』でアカデミー主演男優賞を受賞。
他ノミネート者
ハンフリー・ボガート(カサブランカ)/ゲイリー・クーパー(誰が為に鐘は鳴る)/ウォルター・ピジョン(キューリー夫人)/ミッキー・ルーニー(町の人気者)

======================================================

1944年・第16回アカデミー賞・主演女優賞

======================================================

受賞者:ジェニファー・ジョーンズ (聖処女)

ジェニファー・ジョーンズ経歴動画

ジェニファー・ジョーンズ(Jennifer Jones, 出生名: Phylis Lee Isley, 1919年3月2日 - 2009年12月17日)はアメリカ合衆国オクラホマ州タルサ出身。1940から50年代を代表するハリウッド女優。両親は巡業劇団を持っていたため、子供の頃から舞台に立っていた。ノースウェスタン大学とニューヨークのアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで学び、19歳の時に同じく俳優の卵であったロバート・ウォーカーと結婚。1944年には最初の夫と離婚(離婚成立は1945年)、1949年にセルズニックと再婚し、彼の元で様々なジャンルの映画に出演、アカデミー賞に4度ノミネートされるなど高い評価を得た。
他ノミネート者
ジーン・アーサー(陽気なルームメイト)/イングリッド・バーグマン(誰が為に鐘は鳴る)/ジョーン・フォンテイン(永遠の処女)/グリア・ガーソン(キューリー夫人)

======================================================

1944年・第16回アカデミー賞・作品賞

======================================================

受賞作:カサブランカ
カサブランカ予告
他ノミネート作品
誰が為に鐘は鳴る/天国は待ってくれる/町の人気者/軍旗の下に/キューリー夫人/陽気なルームメイト/牛泥棒/聖処女/ラインの監視
======================================================
======================================================
スポンサーリンク

======================================================

1944年・第16回アカデミー賞・各賞結果

======================================================

原案賞

受 賞ウィリアム・サロイヤン (町の人気者)
ノミネートガイ・ギルパトリック(北大西洋)/スティーブ・フィッシャー(Destination Tokyo)/ロバート・ラッセル、フランク・ロス(陽気なルームメイト原題:The More the Merrier)/ゴードン・マクドネル(疑惑の影)

脚本賞

受 賞ノーマン・クラスナー(カナリヤ姫)
ノミネートダドリー・ニコルズ(空軍)/ノエル・カワード(軍旗の下に:原題In Which We Serve)/リリアン・ヘルマン(電撃作戦:原題The North Star)/ アラン・スコット(So Proudly We Hail!)

脚色賞

受 賞ジュリアス・J・エプスタイン 、フィリップ・G・エプスタイン 、ハワード・コッチ(カサブランカ)
ノミネートナナリー・ジョンソン(浮世はなれて)/ロバート・ラッセル、フランク・ロス、リチャード・フローノイ、ルイス・R・フォスター(陽気なルームメイト:原題The More the Merrier) /ジョージ・シートン(聖処女)/ダシール・ハメット(ラインの監視)

撮影賞(白黒)

受 賞アーサー・C・ミラー(聖処女)
ノミネートジェームズ・ウォン・ホウ、エルマー・ダイヤー、チャールズ・マーシャル(空軍)/アーサー・エディソン(カサブランカ)/トニー・ゴーディオ(駆潜艇K-225)/ジョン・F・サイツ(熱砂の秘密)/ハリー・ストラドリング(町の人気者)/ジョセフ・ルッテンバーグ(キューリー夫人)/ジェームズ・ウォン・ホウ(電撃作戦:原題The North Star)/ルドルフ・マテ(サハラ戦車隊)/チャールズ・ラング(So Proudly We Hail!)

撮影賞(カラー)

受 賞ハル・モーア、W・ハワード・グリーン(オペラの怪人)
ノミネートレイ・レナハン(誰が為に鐘は鳴る)/エドワード・クロンジェガー(天国は待ってくれる)/チャールズ・G・クラーク、アレン・M・デービー(Hello, Frisco, Hello)/レナード・スミス(家路)/ジョージ・J・フォルシー(Thousands Cheer)

編集賞

受 賞ジョージ・エイミー(空軍)
ノミネートオーウェン・マークス(カサブランカ)/ドーン・ハリソン(熱砂の秘密)/シャーマン・トッド、ジョン・F・リンク(誰が為に鐘は鳴る)/バーバラ・マクリーン(聖処女)

作曲賞(ドラマ/コメディ)

受 賞アルフレッド・ニューマン(聖処女)
ノミネートフランク・スキナー、ハンス・J・サルター(海を渡る唄)/マックス・スタイナー(カサブランカ)/モリス・W・ストロフ、ルイス・グルーエンバーグ(Commandos Strike at Dawn)/ロイ・ウェッブ、コンスタンチン・バカレイニコフ(黒い足音:原題The Fallen Sparrow)/ビクター・ヤング(誰が為に鐘は鳴る)/ハンス・アイスラー(死刑執行人もまた死す)/Phil Boutelje(Hi Diddle Diddle)/ウォルター・シャーフ(硝煙の新天地)/リー・ハーライン(キャグニーの新聞記者)/ジェラード・カーボナラ(硝煙のカンサス)/アーサー・ラング(Lady of Burlesque)/ハーバート・ストサート(キューリー夫人)/ディミトリ・ティオムキン(The Moon and Sixpence)/アーロン・コプランド(電撃作戦:原題The North Star)/エドワード・H・プラン、ポール・J・スミス、オリバー・ウォーレス(Victory through Air Power)

作曲賞(ミュージカル)

受 賞レイ・ハインドーフ (ロナルド・レーガンの陸軍中尉:原題This Is the Army)
ノミネートアルフレッド・ニューマン(Coney Island)/ウォルター・シャーフ(Hit Parade of 1943)/エドワード・ウォード(オペラの怪人)/チャールズ・ウォルコット(エドワード・H・プラン)/ポール・J・スミス(ラテンアメリカの旅)/リー・ハーライン(青空に踊る)/モリス・W・ストロフ(Something to Shout About)/フレデリック・E・リッチ(Stage Door Canteen)/ロバート・エメット・ドーラン(Star Spangled Rhythm)/ハーバート・ストサート(Thousands Cheer)

美術賞(白黒)

受 賞聖処女
ノミネート熱砂の秘密/高度20,000フィート(原題:Flight for Freedom)/キューリー夫人/Mission to Moscow/電撃作戦(原題:The North Star)

美術賞(カラー)

受 賞オペラの怪人
ノミネート誰が為に鐘は鳴る/The Gang's All Here/ロナルド・レーガンの 陸軍中尉(原題:This Is the Army)/Thousands Cheer

特殊効果賞

受 賞潜航決戦隊
ノミネート空軍/ボンバー・ライダー:世紀のトップ・ガン(原題:Bombardier)/電撃作戦 (原題:The North Star)/So Proudly We Hail!/Stand By for Action

音響録音賞

受 賞This Land Is Mine
ノミネート死刑執行人もまた死す/硝煙の新天地/キューリー夫人/電撃作戦(原題:The North Star)/オペラの怪人/Riding High/サハラ戦車隊/ラテンアメリカの旅/So This Is Washington/聖処女/ロナルド・レーガンの 陸軍中尉(原題:This Is the Army)

主題歌賞

受 賞“You'll Never Know”(Hello, Frisco, Hello)
ノミネート“A Change Of Heart”(Hit Parade of 1943)/“Happiness Is A Thing Called Joe”(キャビン イン ザ スカイ:原題Cabin in the Sky)/“My Shining Hour”(青空に踊る)/“Saludos Amigos”(ラテンアメリカの旅)/“Say A Pray'r For The Boys Over There”(Hers to Hold) /“That Old Black Magic”(Star Spangled Rhythm)/“They're Either Too Young Or Too Old”(Thank Your Lucky Stars)/“We Mustn't Say Goodbye”(Stage Door Canteen)/“You'd Be So Nice To Come Home To”(Something to Shout About)

長編ドキュメンタリー賞

受 賞Desert Victory
ノミネートBaptism of Fire/The Battle of Russia/Report from the Aleutians/War Department Report

短編実写賞(フィルム1巻)

受 賞Amphibious Fighters
ノミネートCavalcade of Dance with Veloz and Yolanda/Champions Carry On/Hollywood in Uniform/Seeing Hands

短編実写賞(フィルム2巻)

受 賞Heavenly Music
ノミネートLetter to a Hero/Mardi Gras/Women at War

短編アニメーション賞

受 賞Yankee Doodle Mouse
ノミネートSHORT SUBJECT (Cartoon)/The Dizzy Acrobat/The 500 Hats of Bartholomew Cubbins/Greetings Bait!/Imagination/Reason and Emotion

短編ドキュメンタリー賞

受 賞December 7th
ノミネートChildren of Mars/Plan for Destruction/Swedes in America/
To the People of the United States/Tomorrow We Fly/Youth in Crisis


スポンサーリンク
ラベル:アカデミー賞
posted by ヒラヒ・S at 17:49| Comment(5) | TrackBack(0) | アカデミー賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは( ̄▽ ̄)ふふふギリ「カサブランカ」しか知りません(笑)白黒の時代・・・「誰が為に鐘はなる鳴る」は有名ですよね〜観ようと思います(笑)
Posted by ともちん at 2017年05月29日 19:29
>ともちんさん
ありがとうございます(^^)私も「カサブランカ」と「誰が為に鐘はなる鳴る」位です(^^;
しかし戦争の真っ最中なのに、っぜんぜん余裕なのが悔しい!
Posted by ヒラヒ・S at 2017年05月29日 21:11
よくこんな昔の調べましたね〜。1944年と言ったらもはやおじいちゃんの時代ですよ。凄いです。

そういや今月40万PV行きました。
ある意味達成感と喪失感、なんか意欲も無くなりましたね(笑)
コメントとか時間ある時にしかできなくなったのですいませんです。
でも、少し楽になりました。コメ回りとSNS回りで1時間くらい
かかっていたので・・SNS回りは時間なくても継続していますが・・

レビュアンさんも、いい人ですから律儀に色々やってくれますが、無理しないでくださいね。無理するとストレスになるし。

お互い気楽に頑張っていきましょう。
Posted by いごっそう612 at 2017年05月30日 06:59
>いごっそう612さん
ありがとうございます(^^)基本的にアカデミーネタは全て紹介する予定です。
月40万PVオメデトウございます(^^)
コメの件は了解しました。お互い負担にならないコメコメ交換で、参りましょう!
ど〜してもコメ入れたいとき以外は入れませんので、お互いのペースでお願いします(^^)
Twitterは、今までどおり上げさせて下さいm(__)m
Posted by ヒラヒ・S at 2017年05月30日 17:16
ありがとうございます。Win-Winの関係で行きましょう。自分も忙しくてもはてなブックマークはしますので!
Posted by いごっそう612 at 2017年05月30日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック