2016年04月06日

パーフェクト・ブルー

ジャパニメーションの証明




評価:★★★    3.0点

このアニメが表したのは、アニメが実写と同等の質のドラマを描けるという事実だったろう。

日本アニメは手塚治虫の「鉄腕アトム」から始まって、徐々にその表現の幅を広げて、子供の見るコンテンツから、ジブリを経て、甲殻機動隊に至っては完全に大人が見て楽しむアニメとして製作されたように思う。

そして、このアニメに至っては、ハッキリ子供が見てもつまらない「アニメ」つまりは「大人でなければ楽しめないアニメ」として製作されたと思われる。
実際のところ、アニメでなければ描けないという描写は、作中に見当たらない。
つまりは完全に実写としてリメイクが可能な作品なのだ。

それゆえアニメのインサイダーからは、真に大人の表現力を持ったアニメという評価を得たのではないか。

実を言えば、このシッカリとしたドラマを「生身=3次元」の役者で、カメラアングルやカット割りモンタージュもそのままで撮影した場合、どれほど映画的に訴求力が有るのかと考えてみたりする。
脚本やコンテなどの下書きから想像すれば、標準作ではあっても傑作とはいいがたいと思う。

となれば、実写となった場合に強い表現力を持ち得ないこの作品が、アニメとして表現されたときに、実写とは違う訴求力を保持しうるかという問題になるだろう。

そういう点で検証すれば、タレントという虚像と自己のアイデンティティに悩む少女であるとか、現代的なネット社会のストーカー行為であるとか、先見的な問題に着目しているとか、またラストの犯人の正体も、衝撃があるとは思う。
しかし、アニメだからその表現が強くなったかと問われれば、素直に肯定しがたい。

たとえば、この映画と良く似た「ブラック・スワン」を見た時に、ビジュアル的なインパクトは明らかに実写の方が強い。
それは、血の描写を取ってみても、実写の場合は現実世界の血と直結してイメージされるが、アニメであれば虚構であるとビジュアル自体が告げている時点で、インパクトが弱くならざるを得ない。

けっきょく、アニメという一種抽象化した表現に求められる作品としては、現実世界よりもファンタジー世界が、日常よりは非日常が相応しいという事を、この作品は証明しているだろうと思う。

そういう点で個人的には、この監督の後年の作品のような、アニメだからこそ可能な造形、表現が、この作品には乏しいと感じた。

それゆえ、実写映画になった時の評価と同様平均作とした。
さらに、物語世界と語られる表現とのマッチングを考えた場合、この物語はアニメとして語られるのが、最も相応しい選択だったのかと問うこともできる。
そういう点で、更に減点する事も可能かもしれない。

ただし、この監督の以降の作品を見てみれば、その表現の基礎として、アニメで実写化可能な物語を語れる技術をベースにしている事を考えれば、この監督のファンのみならず日本アニメの愛好者が見る価値は有ると思う。

それは、実写で表現できる事は、すべて日本アニメで表現できるという証明であるからだ。

そこで提案なのだが、「2001年宇宙の旅」をアニメ化する人はいないだろうか。
あの映画のラスト数十分こそ、アニメ的な表現が相応しいと思うのだが、いかがだろうか?


スポンサーリンク
ラベル:今敏 江口寿史
posted by ヒラヒ・S at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

綾波レイ = 聖母―または戦う少女の肖像



評価:★★★★★  5.0点

劇場版のこの作品を見て、やはり強い磁力を感じる。
それは、宗教的な暗喩であるとか、SF的造形の革新性であるとか、登場人物の性格描写の複雑性など諸要素が相まって、物語の深みを作りだしているのは間違いない。

しかし、何よりも「綾波レイ」というユニークなキャラクターを生み出した事が、この物語の成功を導いたと思える。

「綾波レイ」という存在は、自ら傷つき疲れボロボロになりながら、主人公の少年を守ると言う。これは過去の物語における、子供を守る母性と、戦う少女、この二つのイコンを合わせて持つ存在である。
古来、わが子を守るために戦う母の姿は典型的な原型であったし、戦う少女=乙女もジャンダルクも含め多く語られてきた。

しかし、「綾波レイ」において語られているのは、戦う乙女でありながら母性を保持するという、相反する要素をを内包した存在である。

つまり、乙女=処女でありながら、わが子を守って戦うという、普通であれば不可能な使命を帯びているのだ。

これは単純に、「エヴァ世代」と呼ばれる物語の受け手の中に、同世代の少女=恋愛対象によって、母のように守って欲しいという願望が有るという、単純な図式に収斂すべきではないだろう。

これは、主人公の父親である「碇ゲンドウ」に象徴されるように、男権という従来の世界秩序が崩壊した現代において、新たな世界秩序が希求される時、世界を再構築する力は乙女にして母になりえる者にしか、成し得ないという事実を意味している様に思われるのだ。

そもそも、男権という一つの世界観の成立が、キリスト教の絶対神と密接に関わっている事を考えれば、それが崩壊した今となっては、新たな宗教=世界構築を成し、補完せねばならないであろう。

そして、新たな宗教はキリストを生んだ聖母マリアで判るように、過去との世界と断絶した=乙女による処女懐妊を介する事によって、過去のしがらみを断ち切って成立するであろ。
 
そう、「綾波レイ」という受難者は、乙女ながら処女懐妊をして、次なる世界の救世主を産む聖母となる。

そしてその救世主を守るために血を流し続ける運命を引き受けるに違いない。

その予感が見る者をして、かくも強く心の中に「綾波レイ」を育ててしまうのだろう。 

この「綾波レイ」の聖母化と同じ構造が、日本アニメの少女達が戦い傷つく原因ではなかろうか。

少女たちが戦闘する姿は、上で述べたごとく男たちのインフォリティ・コンプレックスの果てに、すでに世界は男性を主体として構成し得ないという認識のゆえだとすれば、そんな不安定な世界の中で、男たちが次に自らを仮託しうる存在として選ばれたのが、少女という男女性を一種超越した抽象存在であったろう。
そしてこの抽象的少女達が戦う姿は、旧世界の崩壊とその先の新世界の予兆のうちに、ある種の「アルマゲドン」として表れる。

それゆえ少女たちの受難は、新世界が構築されるまで、聖母として崇められる日まで、戦い傷つきつづけなければならない。
新しい世界は、救世主による現体制の完全なる破壊の上に、そして救世主自体も死と再生を経て、構築されねばならない運命なのだから―

そして新たに構築された場所が、乙女にとって安らかに眠れる世界でありますように・・・・・・


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

アニメ映画『AKIRAアキラ』ジャパニメーションの革命者/あらすじ・感想・解説・評価

アキラの衝撃=「マンガから実写映画への越境者」

英語題 AKIRA
製作国 日本
製作年 1988
上映時間 124分
監督 大友克洋
脚本 大友克洋・橋本以蔵
原作 大友克洋



評価:★★★★★ 5.0点

いきなり手塚治虫の言葉から始めるのもナンだが・・・・・・

「アキラなんて全然新しくないでしょう。未来なのに現代と変わらないし、僕だったらもっと未来風景をいろいろ想像して画くな」と仰せだった(マンガの神様はホント負けず嫌いだったんです)・・・

film1-Blu-ue.jpg

アニメ『AKIRA/アキラ』ストーリー・あらすじ

1988年7月、東京が消滅する爆発が発生し第3次世界大戦が勃発した。終戦後の2019年、廃墟となった東京は、ネオ東京として再生されていた。
そんなネオ東京をバイクで疾走する暴走族は、職業訓練学校の生徒の金田たちのグループだった。
しかし、道路上に突然現れた白髪の子供に驚き、グループの一人鉄雄は事故を起こす。
その子供は軍の管轄下で進められていた秘密研究の被験者、タカシ(26号)だった。
その超能力の発現能力を持った特殊なエスパーは、キヨコ(25号)、マサル(27号)と、もう一人超絶的な力を持つアキラ(28号)という子供がいた。アキラの超能力は制御不能なため、冷凍カプセルの中で眠らされていた。

そして鉄雄は、現れた軍に連れ去れてしまう。そして鉄雄も同様に被験者となり、超能力を発現させた。
その能力は徐々に増大していき、ついには自らコントロールができないほどになり、その力に呼応しアキラをも共鳴させうるほどだった。

そうとは知らない金田は、偶然出会った反政府ゲリラの少女ケイと協力し、鉄雄を救うべく軍の施設に侵入する。しかし鉄夫は、すでに金田の言葉に従う存在ではなくなっていた。止める金田やキヨコ達の制止を振り切り、研究施設をその超能力で崩壊させ、外へと飛び出した。
そして元の仲間達を襲い、金田らと敵対関係になった。

そして金田は、アキラが封印されているオリンピックの会場建設場に向かった。
それを追って、軍、金田、反政府ゲリラ、超能力者、政治家、謎の宗教団体をも巻き込んで、闘いが繰り広げられた。そして、ついに鉄夫はアキラの封印を解いた・・・・・・・・

アニメ『AKIRA』予告



スポンサーリンク


film1-Blu-ue.jpg

アニメ『AKIRA/アキラ』感想・解説



モチロン手塚治虫のこの作品に対する評は、誠に正しい。
ストーリーも漫画的構造もキャラクターも、かつてのSFマンガの焼き直しだと言われてしまえば、真っ向から否定の声は発し難い。
しかし、手塚治虫になくて大友克洋にある、ただ一点においてこのマンガ は圧倒的な表現力を持ち得た。

それは画力、もっと細かく言えばその3次元を2次元化する上での、卓越したパースの力である。

この優れたパース画の力が、映画で言うFXやCGと同様の、マンガという仮想世界に圧倒的なリアリティを付け加えた。
例えば手塚治虫の生み出した数々の新しい世界観、例えば「アトム」の持つ未来世界が現実味を持って、見る者に伝えることが可能になったのである。

また大友克洋の絵に特徴的なこの優れたパース力は、なるほど、フランスのマンガ家「メビウス」の画風のマネにすぎないと言われるかもしれない。

しかし、この模倣者はやはり「メビウス」にない力を持っていた。

それは、日本マンガの伝統的な力、どんなジャンルの物語をも語れる「日本のマンガ様式」である。これはひとえに手塚治虫から始まるマンガ界の遺産に立ったものだ。
 本家「メビウス」が、その物語としてのバリエーションに幅がないのは、それだけの様式を持ち合わせないゆえである。

これまでの事から大友克洋の「マンガ」が「メビウスのパース画」と「日本マンガの様式」に多くを負っており、手塚治虫の言葉を借りれば「新しい要素はない」ということになる。

しかし、そうだろうか?

「組み合わせ=コンビネーション」の力こそ、芸術にとっての推進力だった。
音楽にしても、絵画にしても、例えば他ジャンル(哲学、文学、科学)などの要素を導入したり、多文化(日本文化、アフリカ文化等)を取り入れることで表現の幅を広げてきたのである。

したがって、大友克洋の「マンガ」がその組み合わせによって、どれほどの表現をマンガおよびアニメに加えたかが重要になると思うのだ。

そう考えたときこの「アキラ」は、アニメとして表現されることで端的に「マンガの世界観」を「実写化」するための橋渡しをしたのではないか。
正確なパース画とはそのまま3次元の形を意味することを考えれば、実写映像はすぐ隣にある。

そういう意味で「日本のマンガ世界」を実写化する、またリアリティーのあるイメージを、見る者に与えることに成功した。
その表現世界が現実世界とリアリティを共有することで生まれた、「虚構世界」は「マンガ=アニメ」というジャンルを超越し、「サイバーパンク」の世界観として波及し、そのイメージは他ジャンルにまで及んだ。

 ある「文化的ジャンル」が他の文化ジャンルに影響を与える事を「文化革命」と呼ぶのは大げさに過ぎるだろうか・・・・・

この「アニメ」が「マトリックス」など実写映画の世界観に影響を与えたのは周知の事実だが、それ以上に「日本マンガ」を核とした文化的越境の道筋をつけた事にこそ、賞賛を贈りたいと思う。

film1-Blu-ue.jpg

アニメ『AKIRA/アキラ』サントラ



スポンサーリンク


film1-Blu-ue.jpg

アニメ『AKIRA/アキラ』ネタバレ・ラスト



鉄雄はついにアキラの封印を開いたが、その実体はバラバラにされた脳神経だった。
軍はその超絶能力を解明するため全身切り刻んでいたのだ。
そんな鉄夫の体が暴走を始めた。その超絶的な力が、自らの体をも変容させた。
そんな鉄夫を金田や、キヨコ、タカシ、マサルが止めようと闘いを挑む。
鉄夫の体はますます肥大し、世界を覆い尽くそうとしていた。

その時キヨコら3人はアキラを甦らせ、鉄雄を全く別の宇宙へと連れ去った。
そしてネオ東京は再び白光に包まれ崩壊した。
そのネオ東京を、生き残った金田やケイが疾走した。

そこに、キヨコ、タカシ、マサルの声が響く「でも、いつかは僕らにも・・・・」「それはもう始まっているからね」
そして、もうひとつの声が―
「僕は鉄夫」


スポンサーリンク

ラベル:大友克広
posted by ヒラヒ・S at 22:59| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする