2016年08月17日

アニメ『思い出のマーニー』少女の夏を生きる・意味・あらすじ・感想・解説

ma-ni-.jpg

評価:★★★★   4.0点

今日、自分を嫌うということ。
それは今まで、愛を感じ取れなかったということ。
愛を感じ取れないとは、愛を他者に与えられないということ。
愛を他者に与えられないとは、孤独になるということ。
孤独になるとは、生きれないということ。

しかし、今、生きているということ。
今、命が有るということ。
命が有るとは、愛は必ず在るということ。


人が愛なくして成長しないというのは、生物学的な真理なのだから。

たとえ、自分が愛に気づかなくとも。
たとえ、この世界で一人ぼっちだと嘆いていても。


一つの細胞が、分裂を開始した瞬間から、その成長とは愛によって育まれているという証。

この映画の少女達のように、一人立ちするには幼く、誰かに頼るには大人すぎる時期に、迷い、戸惑い、自分を見失うときには、この映画を見て思い出して欲しい。

あなたが今、存在するということ。
そこに必ず愛が介在しているということ。
それが、今、生ているということ。

<あらすじ>
主人公の杏奈は内気な少女で、いつも人の輪の外に一人でいると感じている。唯一の肉親の祖母が亡くなり、里親に育てられる。杏奈を育てる事で、里親が市からの補助金を受けている事を知り、里親を信じられなくなっている。杏奈は喘息の療養のために海辺の町で過ごすことになるが、そこで湿っ地(しめっち)屋敷と呼ばれる古い屋敷を見つけ、杏奈はその屋敷に住む不思議な少女マーニーと会い親友となる。しかし後日訪れた湿っ地屋敷は、なぜか無人の廃屋だったためマーニーとは幻だったのかと思い始める。そんなある日、湿っ地屋敷に引っ越してきた少女から、彼女が見つけたというマーニーの日記を見せられ、杏奈はマーニーが現実に存在したことを知った。そして杏奈はマーニーと再び合った時に、二人の間に不思議な絆と、自分と同じ悩みがあることを知り、彼女達は嵐の夜マーニーが恐れていたサイロを克服しようと挑む・・・・・

このアニメは、「少女の一夏の冒険を通して、人生を勝ち取る」という意味で、女性版の「スタンド・バイ・ミー」のようにも思います。


栗林監督の抑えたクールな味わいが、この物語を静謐なファンタジーとして輝かせているように思います。
そんな少女達の悲しみを表現した、プリシラ・アーンの歌うマーニーの主題歌が、切なく沁みます。

タイトル:「 Fine On The Outside」(外側でいいの:うわべは元気に)
I never had that many friends growing up
(大きくなるまでに、友達は多くなかった)
So I learned to be Ok with Just me, just me, just me, just me 
And I’ll be fine on the outside
(それで、外側にいれば、うわべは明るくしていられるから、一人ぼっちでいいって学んだ、一人ぼっちで 、一人ぼっちで 、一人ぼっちで )
I like to eat in school by myself
(私は学校で一人で食べるのが好き)
Anyway So I’ll just stay Right here, right here, right here, right here And I’ll be fine on the outside
(とにかく、外側にいれば、うわべは明るくしていられるから 、それで、私はただここにいる、ここにいる、ここにいる、ここにいる)
So I just sit in my room after hours with the moon
(それで、私は月と一緒に深夜部屋に座っている)
And think of who knows my name
(そして思う、誰か私の名前を知っているのかしらと)
Would you cry if I died
(あなたは泣いてくれる、もし私が死んだら)
Would you remember my face?
(あなたは思い出してくれる、私の面影を?)


この切ない歌にも、他者(ヒト)を求める、魂の呼びかけがあります・・・・・
だからもう一度書きます。

あなたが今、存在するということ。
そこに必ず愛が介在しているということ。
それが、今、生ているということ。



スポンサーリンク
ラベル:米林宏昌
posted by ヒラヒ・S at 20:59| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』細田守監督のデジタル世界の神話/あらすじ・感想・解説

世界の三位一体




評価:★★★★★ 5.0点



この作品は、上映時間が40分にすぎませんが、後の細田作品にもない「革新的な世界観」を持った傑作だと感じました。


映画『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』あらすじ


物語はTV版デジタル・モンスターの設定と登場人物を引き継ぎ、少年4人が、インターネット上で誕生した、邪悪なデジモンと対決する物語。
ネット上でデジモンの卵が孵化し、どんどん進化を続け、ネット上から世界中を大混乱に陥れ、更に現実世界にも影響は波及し、ついに核爆弾を発射。世界の破滅を少年達とデジモンは阻止すべく“デジモン・ワールド”に向かう・・・・・・

映画『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』予告



Film2-GrenBar.png

スポンサーリンク



映画『サマーウォーズ』感想・解説



このアラスジを読んで、この物語は『サマーウォーズ』そのものじゃないのと思った方もいらしゃるでしょう。
そ〜です、間違いなくこの作品は『サマーウォーズ』の原型なのです。

しかし、両作品の間には明らかに違いがあり、その差異こそがこの作品を名作にしていると感じるのです。
その差異を説明する前に整理しておきたい点があります。
それは、物語の世界観という要素についてなのですが・・・・・

基本的に、映画にしても小説にしても、ドラマが展開する「世界観」というものが有ります。
それは従来、現実世界、幻想世界という二つの世界観で作られて来ました。

例えば、現実世界で完結する物語としては『ゴッド・ファーザー』のように、フィクションでありながら現実から一歩も出ない作品があります。
また、幻想世界で完結する物語として『ハリーポッター』や『ロードオブリング』などが上げられるでしょう。
そして、現実世界と幻想世界が交錯・重複する『となりのトトロ』のようなドラマがあります。



そして、この作品で導入されている世界観は、20世紀と共に進化・拡大してきた「デジタル世界=仮想世界」です。

しかし、よ〜く考えて見れば、デジタル世界というのは非常に不思議な世界だと感じられます。
例えば、デジタル・カメラで撮影した時、その写真というのは現実世界に存在しないのです。
ナニ言ってんの、画像ファイルとして間違いなく存在するじゃないかと、お叱りの声が聞こえてきますが、それは「01」のデジタル記号の集積であって、それはそのデジタルデーターを読める機器がなければ無価値であり、ただの「01」という数字の組み合わせが続いているだけなのです。

つまりデジタルには、かつてのフィルムのような「現実世界の物理的な実体」が無いのです。
結局、デジタル世界は電子的記号だけの幽霊のような存在だと言えないでしょうか?
しかし、その実体を持たない幽霊が世界を網羅し、現実世界を制御しているという不可思議さはどうでしょう?

人類はそんな不思議な「デジタル世界」という、新たな「幽霊世界」を、たった100年で構築し成立させてしまったのです。

そんな、仮想世界を正面からこの映画は描いていると思うのです。
もちろん、これまでにも「デジタル世界」を描いた作品として、『トロン』などの作品がありました。
また「現実世界」と「デジタル世界」の交差を描いたものとして『甲殻機動隊』『マトリックス』を思い浮かべます。

そういう意味でこの『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』という作品は、「デジタル世界」「現実世界」の重複の上に成立した物語だと思うのですが、この映画の革新性はさらに「ファンタジー世界」を併せ持っている点だと感じます。


つまり、この映画において主人公の少年達は、人間でありながらデジタル世界で実体を持ちます。
それは人間のまま、コンピューターモニターの中に突入する描写で明らかです。
このシーンこそは、人間が人のままデジタル世界に入り込むというファンタジー性を描いた瞬間だったと信じます。
つまりこの作品おいて、初めて「デジタル世界」を「現実世界」の少年達が「ファンタジー的変換力」によって侵食し得たのだと主張したいのです。


それは同時に、デジタル世界に生まれたデジタル・モンスターという住人達のもとに、神が降臨した瞬間であったようにも思うのです。

これは、デジタル世界に神が生まれた瞬間を描いた傑作だと思いました。

この作品と『サマーウォーズ』の違いとは、ひとえに「デジタル世界」の中に、人がそのまま介入し得るか否かであったはずです。
『デジモンアドベンチャー』はデジタル世界に人間存在のまま存在していますが、『サマーウォーズ』では人間はデジタル機器を介してデジタル世界に関与するだけです。

この作品の持つ革命的な「世界観の交錯」に較べれば、『サマーウォーズ』は「現実世界」と「仮想世界」の対立という、古典的な設定をただ利用しただけになってしまいました。
もちろん、『サマーウォーズ』は「人間ドラマ」であり、人の持つ持つ情感を描く細やかな手腕は細田監督の実力を示すものです。
細田監督が本当に描きたいのも、その後の作品群を見れば、実は『家族』なのかなとも感じます。
そういう意味では『サマーウォーズ』は、家族を描き日本人のノスタルジーを呼び起こした点で、間違いなく成功だったでしょう。
しかし、この作品の世界観を見た後では、明らかにこの映画の「革新性」に較べれば、後退していると言わざるを得ません。

この映画の、現実とデジタル世界をファンタジーで超越し一体化することこそ、アニメにしか出来ない世界観の構築だと思うのです・・・・・・
これを、現実世界、デジタル世界、ファンタジー世界の「三位一体」と呼ぶのは大げさに過ぎるでしょうか。

しかし、新しい「メシア=救世主」はこの三界を統べる者として出現するはずです。
細田監督は、その「メシア」を描き得る可能性を本作で見せているのにと思うと、なおさら『サマーウォーズ』の世界観の後退を惜しむのです――――



細田守監督作品レビュー:『サマー・ウォーズ』『おおかみ子供の雨と雪』


スポンサーリンク
ラベル:細田守
posted by ヒラヒ・S at 00:59| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

『となりのトトロ』ファンタジーの成立とアニメの力

トトロの永遠



評価:★★★★★  5.0点

深い森の中、私は飢えている。
深い森の中、私は痛んでいる。
深い森の中、私は迷っている。


そんなとき、トトロは私を守ってくれる・・・・・・・・・

都市の中、私は孤独でいる。
都市の中、私は苦しんでいる。
都市の中、私は殺される。


そんなとき、ネコバスは私のもとにやってくる・・・・・・・


人が人として生きるとき、不安や恐怖とともに生きていかざるを得ない。
なぜなら、生き物とは生きる努力をしなければ死んでしまう運命だからだ。
それゆえ人は勤勉さや誠実さで、少しでも生きる可能性を高める努力をする。
しかし努力しても誠実であっても、思いどおりにならないのが現実だ。
ややもすれば、がんばれば、がんばるほど、ますます結果が悪くなっていく。
理性や意思の力だけではどうにもならない、冷酷な世界が人を追い込む。
どれほどがんばっても、光が見えず、もうダメだと、もうつかれたと、暗闇の中静かに沈みたいと望む。

しかし、それでも、生命は、生物としての本能は、生き続けろと光をともす。
飢えても、痛んでも、迷っても、孤独でも、苦しんでも、殺されそうになっても、それでも生きろと光をともす。

そんなとき、トトロは私を守ってくれる・・・・・・・・・
そんなとき、ネコバスは私のもとにやってくる・・・・・・・


人の心がアキラメて折れて消滅する瞬間、それでも輝く命の灯火は生き物の本能の迸りが起こす、奇跡だったろう。

メイの目の前に現れた、トトロとはそんな存在だったと思われてならない。
メイの明るく元気な姿の影に、母の不在による、孤独と絶望を見る。
子供にとっての世界とは、閉ざされて小さな範囲で完結し、その小さな世界における「さざ波」ですら容易に子供を絶望に導くだろう。

そんなとき、トトロは私を守ってくれる・・・・・・・・・
そんなとき、ネコバスは私のもとにやってくる・・・・・・・


子供達が、しばしば河童やお化けの、この世のものではない存在=ファンタジーを見出すのは、彼らの脆弱で無垢な心が容易にパニックに陥るからに違いない。
しかし、この自らの世界の崩壊は、この映画で気丈なさつきが直面したように、むしろ強い理性で不安や恐怖を押さえ込もうとする「大人」にこそ致命的なダメージをもたらすはずだ。

つまり、ファンタジーの本質が、人が理性でコントロールできない絶体絶命の事態における、最後の砦だとすればこの世にファンタジーが消え去る事はないだろう。しかし、そんな人間存在としてギリギリの状態に見るものであるがゆえに、ファンタジーというのは同時に「死」のイメージも必然的に生むのだろう・・・・

宮崎駿はメイという少女に子供のむき出しの感情を持たせ、さつきに大人としての理性を持たせた。このことによって、子供と大人の両方の魂を救うことが可能になったし、同時に世界が人の持つ感情や理性以外の何物かによって支えられているという事実を提示しえたのだと感じる。

つまりこの世は、人間が知りえる「人間世界」よりも、更に大きな広がりの「自然世界」を持っているのだという真実を宮崎は語ったのだろう。
「人間世界」が限界に達し袋小路に突き当たったときに、「自然世界」がその力で世界の歪みを修復し始めるはずだ。
その「人」と「自然=宇宙」を結ぶものとして、ファンタジーが成立するのだ。

そんなとき、トトロは私を守ってくれる・・・・・・・・・
そんなとき、ネコバスは私のもとにやってくる・・・・・・・




そもそも、古来より人は人間の五感では知り得ない「自然世界を見る力」を持っており、危機に陥った時頼ってきたのではなかったろうか。
それこそがファンタジーの本質だとすれば、実はファンタジーとは、人が自然世界を知覚可能な形に擬人化した、いわばコンピューターと人間を結ぶウインドウズのような存在だといえるだろう。

そう考えたとき、アニメーションが「自然世界の使者=ファンタジー」と相性が良い理由が分かるように思う。
アニメーションという言葉が、ラテン語のアニマ「霊魂」「魂」を語源とするように、アニメとはそもそも人の理性を超越した「自然世界」を描き出す事を運命付けられているのであろう。

そういう意味では、人は、アニメは実体を持たない絵空事だと考えがちだが、実はそんな自然界の「霊魂」「魂」が、作家の心を通じて現れたものだと思うのだ。



あっれ〜💦映画の内容にほとんど触れてないような💦〜
これはまずいぞ💦〜


そんなとき、トトロは私を守ってくれる・・・・・・・・・
そんなとき、ネコバスは私のもとにやってくる・・・・・・・



スポンサーリンク
ラベル:宮崎駿
posted by ヒラヒ・S at 19:05| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする