2016年08月05日

映画『地獄に堕ちた勇者ども』ファシズムのエロス/あらすじ・感想・解説

映画あらすじと解説

jigoku.jpg

評価:★★★★★  5.0点

この映画を撮った、ルキノ・ビスコンティーは「ゲイ」だった。
イタリア貴族の息子に生まれて、映画監督となり1942年、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』で映画監督としてデビューし、イタリアン・リアリズム主義(ネオレアリズモ)の作品を世に問うて世界的な評価を勝ち得た。しかし、後年になればなるほど、自己の美意識に耽溺した、豪華絢爛な作品で世界を魅了した。

その貴族的な美は余人の追随を許さぬもので、王族達の豪奢と洗練が華麗に映像として留められており、その映画が上映されれば、そこは忽ち美の宮殿と化すのである。

しかし、その美は王族の高踏的な芸術性に眼を奪われがちだが、その美の底に彼の性癖である男色家の色が深みと引力を生み出していると思うのだ。
以下の画像を見て欲しい。何がしかの妖艶さを感じまいか?

c4e7d8172dbbeab56a190966b4872b5b.jpgleopard03.jpg20090720134209.jpg 『若者の全て』(1960年)より
アラン・ドロン。

彼はビスコンティーの恋人だったと
故・淀川長治は語っている。

 



『山猫』(1960年)より
  アラン・ドロンと
クラウディア・カルディナーレ


アラン・ドロンに較べてクラウディア・カルディナーレが魅力的ではないと思うのは、私の思い込みのせいだろうか
 

 『ベニスに死す』(1971年)より
  ビョルン・アンドレセン

ビスコンティーの描く美しき「ショタ・コン」映画


 
やはり作家とは、自らの一番愛するものを描くときに、最も美しい芸術を生むのではなかったろうか。


地獄に堕ちた勇者どもあらすじ
ナチスが政権を掌握した1933年2月のドイツで、プロイセン貴族の製鉄王エッセンベック男爵(A・ショーンハルス)家では男爵の誕生パーティーが開催され、一家の面々が趣向を凝らした演目を演じているが、老男爵の財産を皆が狙っている様子が描かれる。総支配人フリードリッヒ(D・ボガード)は、男爵の子息の未亡人ソフィ(I・チューリン)と愛人関係にある。その息子マーチン(H・バーガー)は男爵の地位を狙っていた。一族は他に、姪の娘エリザベート(C・ランブリング)と自由主義者の夫ヘルベルト(U・オルシーニ)、甥のコンスタンチン男爵(R・コルデホフ)とその息子ギュンター(R・ベルレー)などがいる。そんな一族にナチスの力が及び、一族の崩壊が始まる。


この映画はなるほど、かつての支配階級である鉄鋼財閥の崩壊を描きはする。そしてその崩壊をもたらす勢力がファシズムである時、野蛮に征服される貴族的世界と、読み取る事も可能であろう。

しかし、やはりビスコンティ監督の隠された想いは、そこにはないと信じている。

jigoku.png

なぜならファシズムを描いてここまで美しい映画を私は知らない。
実を言えば小説では、三島由紀夫の幾つかの著作には、この映画に通じる美を描いた作品を見出す。
この二人の芸術家はその形として、共通の構造を持っているのではないかと疑っている。

すなわち三島といい、ビスコンティといい、良家の後嗣として生を受け、その運命と己の虚弱さ=劣等感の相克から、作品を創作せざるを得なかったのではないかと想像するのである。

さらにまた、この二人の劣等感の本質が、男としてのジェンダー(社会的性的役割)を十分に担えない事に起因するのだとすれば、往々にしてその男性は同性愛に向かうのだという。
この同性愛的な性癖は、単純に図式化すれば、自らに足りない男性性を外部に求める事を意味し、それゆえ、より男性的特徴が明瞭な男達を求める傾向がある。

その最も端的な例が、軍隊である。

そして、この軍隊組織の純度を高めて行った時、ファシズムと呼ばれはしまいか。
なるほどファシズムとは、人間を支配するには違いないが、その制度には男性にとってある種の快感をもたらす必然がある。

なぜなら、その政治体制は個を切り捨て社会全体の理想への献身を求めるものだが、社会という制度自体が男達の理性によって構築された「人工的バベルの塔」である時、その体制の為に己の命を捧げる行為とは最も崇高な男性的な行為に他ならない。

また、男性におけるセクシャリティが他者を征服する事と不可分である事に注目すれば、男たちにとっての至上のエロスとは、巨大な敵を討ち果たす時にこそその頂点を迎えるであろう。

この男性にとってのジェンダーとエロスが結ばれたとき、ファシズムが咲き誇るのである。

実際、男性であれば経験があるはずだ。
男同士集団的に何かを成す行為の中に、シンパシーと共に同性愛的な情動を見出すのを。
それこそ、このファシズム的エロスの発露によりはしまいか。

この映画で、ファシズムに身を投じたその若き男たちが持つ、剛健、優美、秀麗、は男としての使命感と野心によって、甘美と呼ぶ以外に形容のしようが無い姿となって現れる。

ビスコンティの男色家としての官能が、ファシズムにエロスを見出し、それを描かずにいられなかった、そんな妖艶な映画であると思うのである。


関連レビュー:「奔馬―豊饒の海」




posted by ヒラヒ・S at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | イタリア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

映画『荒野の用心棒』マカロニ・ウェスタンの傑作/あらすじ・感想・解説・黒澤明との関係

映画の夢想力



評価:★★★★   4.0点

黒澤明の用心棒を、無断でリメイクしたこの作品。
結局、裁判に負けて黒澤側に利益を上納せざるを得なくなった。
しかし、黒澤いわく「用心棒」よりこの「荒野の用心棒」のロイヤリティの方が多かったというのだから、アメリカを制する商品が世界を制するという確かな証拠だったろう。

映画『荒野の用心棒』あらすじ


アメリカ=メキシコ国境にある小さな町サン・ミゲル。
流れ者のガンマン・ジョー(クリント・イーストウッド)が現れた。
ジョーは酒場のおやじのシルバニト(ホセ・カルヴォ)から、この町がドン・ミゲル・ベニート・ロホス(アントニオ・プリエート)とジョン・バクスター(ウォルフガング・ルスキー)保安官の勢力が敵対し、常に争いを繰り広げているため棺桶屋(ヨゼフ・エッガー)だけが儲かると聞かされる。 ジョーは、早撃ちでバクスターの子分を殺して、ミゲルに100ドルで手下になる。しかしミゲルの息子でライフルの名手であるラモン(ジャン・マリア・ヴォロンテ)が帰ってきて、バクスターと協定を結んだため、もうお役ゴメンだとシルバニトの家に移り中立を守った。そんなジョーとシルバニトは、ラモンがメキシコ軍を襲い、金を奪ったのを目撃する。ジョーは、ラモンとバクスターとの間の対立を煽り、町の二大勢力を一掃しようと画策した。しかしそれがバレて、ジョーは酷く痛めつけられ、命からがら逃げのびた。ラモンは更にバクスターを襲い、一派を一掃した。
ラモンとミゲルが町を支配する中、ジョーは手の負傷で銃が充分使え無いにも関わらず、ラモンの前に姿を現した・・・・・・・・

映画『荒野の用心棒』予告



映画『荒野の用心棒』出演者


クリント・イーストウッド(ジョー:名無しの男)/ジャン・マリア・ヴォロンテ(ラモン・ロホ)/マリアンネ・コッホ(マリソル)/ホセ・カルヴォ(シルバニト)/ヨゼフ・エッガー(ピリペロ)/アントニオ・プリエート(ドン・ミゲル)/ジークハルト・ルップ(エステバン・ロホ)/ウォルフガング・ルスキー(ジョン・バクスター保安官)/マルガリータ・ロサノ(ドナ・コンスエラ・バクスター)/ブルーノ・カロテヌート(アントニオ・バクスター)/マリオ・ブレガ(チコ、ロホの部下)/ベニート・ステファネリ(ルビオ、ラモンのライフル持ち)/ラフ・バルダッサーレ(フアン・テディオス、鐘つき)


スポンサーリンク


映画『荒野の用心棒』感想


・・・・・・・・・しかし、よくよく考えてみれば黒澤も、人のことは言えない。
「用心棒」のストーリーはダシール・ハメットの「血の収穫」が元なので、これもパクリだ。
更に言えば、黒澤明が従来のチャンバラ映画から隔絶したは重厚な殺陣を生み出した理由に、ハリウッド西部劇の決闘の迫力を出したいという意向があったことを考えれば、「用心棒」 の表現の多くがパクリだったと言わざるを得ない。

関連レビュー:チャンバラ西部劇の誕生
『七人の侍』
黒澤明監督作品
西部劇へのリメイク多数の傑作


そしてその日本の時代劇「用心棒」が、遠くイタリアでパクられ、西部劇に生まれ変わるという凄まじさだ。

それでもクロサワのパクリは、日本の江戸時代にリアリティを求めようとする「良心」が有った。
しかしセルジオ・レオーネに至っては、イタリアで西部劇という、根も葉もない「空想物語」と化した。
イタリアでチャンバラをしなかったのは、サスガに冗談が過ぎると思ったということか?

なんにせよ、このように、現実から作られた「一次物語=西部劇」は現実の背景が見えるために、リアリティーを疎かに出来ない。
それは、現実というネタを知っている観客からすれば、物語に含まれた非現実とは、現実から生まれた物語の否定を意味するからだ。
つまりはウソ臭くて見るに耐えないと言われてしまう。

しかし、その「一次物語」から派生した「二次物語=黒澤の用心棒」は一次物語ほど現実世界に縛られない。
それは、たぶん現実世界を模した物真似を、時空を越えて更に物真似するときに必然的に物真似の物真似となり、現実がデフォルメされるからだろう。

さらに「二次物語」から派生した「三次物語=荒野の用心棒」に至っては、でもはや何でもありのファンタジーストーリーと化すだろう。
それは「二次物語」の僅かなリアリティーをすら捨て去った、虚構の上の虚構であるから、もはやモラルも真実も道理も神も悪魔も超越し、あるのは純粋にエンターテーメントの追求へと収斂していく。

このように、現実を離れる度合いが強くなればなるほど、物語世界はファンタジーに近づき、ファンタジーであればこそ、ドギツイ暴力や殺人が虚構世界の出来事として、観客から許容されると思うのである。

この映画が先鞭を付けた、アクションのファンタジー化は、タランティーノに見るごとく、いまや「千次物語」ぐらいの重層化を果たし、その暴力と破壊が映画全体を覆うぐらいの進化を見せた。
しかし、その破壊や暴力が血まみれの肉体を生み出したとしても、見るものに衝撃を持って響かないのは、すでに架空の世界の嘘だという整理が観客に着いているからだろう。

この作り手と観客の共通認識としての「ファンタジー作用」があったからこそ、映画の表現が過激になっても許される道を開いたのだと思える。
考えてみれば大衆芸術である映画は、常に人々が求める刺激を提供し、同時に人々の欲望が映画の表現を加速してきた。

そうであれば、映画の夢想力とは観客と製作者の共犯作業の結果だったのだろう。

クリント・イーストウッドの無機質なキャラクターが、この映画の非現実化に一役買っているとすれば、セルジオ・レオーネとイーストウッドの邂逅とは、歴史的事件だと言えるだろう。




posted by ヒラヒ・S at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

父/パードレパドローネ

統制と開放



評価:★★★★   4.0点

この映画は今や巨匠となった、タビリアーニ兄弟の1977年の作品。
月日の経つのは早いもので、もう30年以上も前の作品となった。

この映画で描かれたのは第二次世界大戦が終わって間もない、つまりは70年ほど前のイタリアのサルデーニャ島の出来事だ。

主人公は、6歳にして学校から連れ出され、羊飼いの生活に入る。
そして、父親から殴る蹴るの暴行を加えられながら、羊飼いとして20歳となる。

この前半の描写は強烈だ。
峻厳とした山に、かろうじてへばりついて命をつないでいる姿は、見ているだけでも辛そうで切なくなってくる。
その上、父親の完全な支配化にあって、自らの欲望を果たせるのは動物だけというのは、これが現実として存在したのかと疑いたくなる。

しかし、間違いなく真実であることを考えれば、私はこの父親が採った教育方法以外に、この主人公が生きていく事は不可能であるように思える。

孤独で辛く苦しい肉体労働の日々を過ごすためには、それ以上の辛苦と恐怖があるということを、体に覚えこませる以外ないのではないか。
世界中の軍隊において「しごき」という名の苦痛を味あわせるのは、「死」よりも勝る苦痛によって、命令を守らなければ「死」んだ方がマシだと思い知らせるためだ。

この羊飼いの生活も、そこまで過酷だという事だったろう。
そして間違いなくこの父親も、同様の厳しい教育をその父から受けているはずだ。
しかし、この家族を見てみれば主人公のほかにも兄弟がいるが、この羊飼いの生活をしているのは主人公だけのように見える。

たぶん、この主人公が長男であるがゆえに、家族としての財産「羊」の継承が、一子相伝で成されているのだと想像する。
だとすればこの父親は、この主人公を自らの後継者として期待もし希望も託していたのだろう。
単純にこの主人公を、自らの奴隷として使役したいだけでは決してなかった。
それであればこそ、この父親が虐待に近い行為をしているのを見てなお、どこか拒絶し得ないと感じる。

人は期待をかけた相手ほど、自らの望む場所まで達していないと、殊更に厳しく鍛えようとするのではなかろうか。
結局、親の行使する権力や支配は、親が子に対して望む理想との落差によって生じるのだとこの映画は語っているだろう。

それはこの映画の最も美しいシーン、子が父親の元を離れようと双方が対峙する場面で、明確である。

父は息子を手元に置き、自らの望む男としての人生を歩ませたいと思う。
息子は、なんとしてでも自分の望む場所に向かいたいと願う。

沈黙のうちに、反発と敵意が交錯しつつ、その緊張が頂点に達したとき、息子は父親のひざに頭を垂れる。
そのシーンこそ親は子に絶望し、子は親を裏切った瞬間だったはずだ。

こうして相互の支配関係が終わりを告げたとき、同時に新しい関係性のもと、親子が再生した瞬間でも合ったろう。

こんな厳しくも情愛に満ちたシーンを、私は他に知らない。

この親子関係の厳しさを描ききった、タビリアーニ監督の表現にはイタリアン・リアリズムの影響を感じる。


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする