2017年11月06日

黒澤清監督『カリスマ』難解映画を徹底解説/ネタバレ・感想・評価・批判

黒沢清『カリスマ』(感想・解説 編)



英語題 Charisma
製作国 日本
製作年 2000
上映時間 103分
監督 黒沢清
脚本 黒沢清


評価:★★★   3.0点



この映画を都合5度ぐらい見ましたが、正直に言えば十分理解できませんでした。
とりあえずドラマに自らの理屈をつけては見たものの、フラストレーションが残ることは否めず、こういう解釈があるという一例として書いてみようと思います。
そんな性格の文章ですからネタバレを前提としていますので、ご注意ください。

film1-Blu-ue.jpg

映画『カリスマ』予告

映画『カリスマ』出演者

役所広司(薮池五郎)/池内博之(桐山直人)/大杉漣(中曽根敏)/風吹ジュン(神保美津子)/洞口依子(神保千鶴)/松重豊(猫島)/塩野谷正幸(部長)/大鷹明良(坪井達夫)/目黒幸子(華子)/吉田淳(西)/田中要次(杉下)/稲村貢一(青年)/永田正明(代議士)/戸田昌宏(若い刑事)
film1-Blu-ue.jpg
film1-Blu-ue.jpg

スポンサーリンク


film1-Blu-ue.jpg

映画『カリスマ』解説



この映画の題名「カリスマ」とは、人を惹きつける強い力を持つ、一種宗教的な絶対的な磁力を持った人物を指すという。

そして、この作品に登場する「カリスマ」とは一本の木であり、その木は強い毒性を保持するがゆえに、周囲の森の生態系を殺すと語られる。

chari-pos1.jpg更にその「カリスマ」が、今は廃墟となった病院を経営していた故人の院長が、中国大陸から持ち込んだのだと、その木を世話している桐山という青年は説明する。

この設定を受けて、個人的には「宗教」のアナロジー、更には旧日本帝国のような「宗教的な権威を元にした国家体制」を想起した。
その宗教的な権威自体、中東のイスラム教を主軸に置いた体制や、北朝鮮の独裁者をカリスマに祭り上げる国家など現代でも存在しはするが、概ね宗教の弱体化に伴って過去の遺物である印象が強い。

いずれにせよ「カリスマ」という木が表すのは「宗教的世界観」と、それに従って生きる人々を示していると、個人的には捕えた。

そして、この「カリスマ」という木を巡って、5つの勢力が争う。

Film.jpg
1つめは、上で述べた桐山で、彼は「宗教的世界観」の守護者として、他勢力と戦う。
それはある種の権威を盲目的に信奉する、人間社会にとっては有史以前から馴染みのある社会体制だ。

2つめは、中曽根という植林作業員や市職員・坪井が代表する「カリスマ」を伐採しようとする勢力だ。
この勢力が示すのは多勢でありながら右往左往する様子から、「民主主義」を表していると見たい。

3つめは、科学者・美津子が表す反対勢力で、彼女は「カリスマ」を悪と断じ、更にはカリスマを抱合した森全体を一度リセットしようとすらする。
つまりは「科学万能」の立場からは、「宗教」はこの世に存在してはならない存在だと語っているのだろう。

4つめは金と武力をチラつかせ、「カリスマ」を買おうとする猫島とその配下だ。
その姿は、経済原理、資本主義の要請によって、世界を併合しようとしているように見え、そこに「ファシズム」の姿を感じた。

chari-pos2.jpg
そして最後に残ったのが、この映画の主人公藪池だ。

彼は、基本的には全ての勢力と関わりながら、そのどの集団にも属さない、中立だと主張する。
事実、彼はカリスマを守る桐山と行動を共にしているところから、保守性を保持しているように見えもする。
だが子細にその行動を見てみれば、違う行動原理で動いていることが分かる。
冒頭の人質事件から、主人公は犯人も含め命を助けるという立場を取る。

それゆえ、木の「カリスマ」の命をも助けようとする。
思うに、彼が示すのは「生命の守護者」だったのだろう。

そして、この映画で語られる命題が明瞭に姿を現す。
cari-two.jpg
それは「カリスマ」を助ければ他の森の命が死ぬという矛盾だ。
その「生命の矛盾」を、「生命の守護者」である主人公が、どう解決するかがこの映画の主題だろう。
ここで言う「生命の矛盾」とは、映画中で科学者美津子が語る「生きる力と殺す力は同じこと」だという定義に尽きる。生存競争、弱肉強食が運命付けられた地球上の生命にとって、「生命とは他者を殺す者」だと不可避的に運命付けられているのだ。
それゆえ、主人公の全ての生命を助けるというのは机上の空論に過ぎない。

しかし、その「生命とは他者を殺す者」という過酷な運命を緩和するため、人間はあらゆる方法で解決しようと努めてきた。
chari-trie.jpg
それが上で述べた、主人公以外の勢力が意味するものだろう。

「宗教」はその矛盾を神の意思という名の絶対で思考停止させ、「民主主義」は多数決でその犠牲を公平化しようとし、「科学」はその不可避が必然であると証明しようとし、「ファシズム」は「強者生存=弱者抹殺」こそ正義だと開き直る。
しかし、「生命の死」をその生命の一部である人間が理論付けることは、自己矛盾にも通じる困難さがある。

それゆえ、上の解決作として一番収まりが良いのは、人間ではない「神」の責任にすることだったろう。
つまりは「神」の理屈なのだから、その生命の死は人間が責任を負う必要が無い。


それゆえ、藪池は古い「カリスマ」が焼消した後、新たな「カリスマ」を見出そうとしたのではなかったか。

しかし、その新たなカリスマを世話しながら、主人公藪池は語る。
cari-boss.png「カリスマと森の木と両方を助けることは出来ない。」「答えは最初から一つだ、両方が生き延びるしか方法が無い。」「しかしどちらかが生きれば、片方が死ぬ。両方が生きようとすれば、両方が死滅する可能性もある。」「しかし、両方が生きようとするのだから、あるがままにする。全滅するとしてもあるがままだ。」と。
正直に言えば、この一連の言葉は矛盾に満ちている。
たぶん整合性を求めるのは無理だろう。
ここで語られたのは、矛盾を放置し、人為的に手を加えないという宣言なのだろう。

つまり言葉を変えれば、この映画が示すのは「命にある生と死の矛盾」をあるがままに放置し、そこに人間が関与しないと、語られているのだと解釈した。
考えてみれば、人がその矛盾に関与しようとして失敗したことは、「宗教」「政治的主義主張」が戦争や紛争の原因となり、「科学」がその破壊を拡大した事実で明らかだろう。
従ってこの映画の主人公は、自然が持つ生命のダイナミズムに対し、人為的干渉を与えず放置しようとするのだ。
しかし、人間が自然の一部に存在していれば、自然界に影響を与えずにはいられない。
ここに生じた矛盾を抜本的に解消する道が一つある。

「世界=自然界=宇宙の法則を回復」し、人が関与しない方法。

それは、人間がこの自然界から消滅することだ。

それゆえこの映画のラストでは、都市が燃えるシーンで終わるのだ・・・・・・・・・
cari-las.png


film1-Blu-ue.jpg

スポンサーリンク


film1-Blu-ue.jpg
以下の文章には、当映画に関する悪評があります。ご注意下さい。

映画『カリスマ』批判・評価

正直、この映画の持つメッセージが充分理解できたか、我ながら心もとない。
しかし、ハリウッド的な明確なストーリーとテーマ設定を持たない映画は、その映画表現の曖昧さや不明確さがつきものだ。
関連レビュー:難解作品に関する一考察
『陽炎座』
鈴木清純監督の傑作映画
松田優作の耽美主義
そんな表現として不明瞭な映画は、実は驚くほど世に出回っている。
それは高校の同好会レベルの表現技術の拙劣さによるものから、デビッド・リンチやジャン・リュック・ゴダールなど作家性が強く、独自の表現コードを持つがゆえに理解が困難な映像作家まで、千差万別な姿で存在する。
関連レビュー:フランスの難解作品
『気違いピエロ』
ジャン・リュック・ゴダール監督
ヌーベル・バーグの不思議映画

その大家の自由な映画表現と、表現技術の低さゆえの説明不足は、下手をすれば「理解できない」という点で同列とすら感じられる。

いずれにしても、そんな「ストーリー=ドラマ」や「テーマ=哲学性」など、言葉に換言されるべき「物語性」が充分理解出来ない作品を前にした時、個人的な鑑賞の方法論がある。
Film2.jpg
それは、美学的な判断だ。

かってに「美学的」と名付けているのだが、映像美や、編集技術など、「視覚的表現力=映像総体」とでも言うべき力を、個人的にそう呼びならわしている。

しかし、映像という視覚から入る非言語化された情報は、言語化可能なドラマやテーマという要素よりも、更に見る者の感性に左右される要素であるだろう。
従って、この映画『カリスマ』の言語的なメッセージを充分受け止めたとは思えない者が、この作品の映像印象を個人的にどう感じたかを語るという、大変いい加減な評価が以下の文章だと、お断りしなければならない。
その上で言うのだが、この映画の持つビジュアルは、個人的に強い印象を受けなかった。

更に正直に言えば、物語性が不明確で、映像的な快感を得られない映画に、好印象は持ちがたい。
その物語的な不明瞭さを越えても、訴えかけて来る映像的な力があるからこそ、ワケが分からなくとも見る者を魅了するのだろうと思う。

そういう点で、この「物語=言語性」への翻訳に困難を感じた映画に関し、映像的な魅力を感じたか否かが、個人的にはこの作品の価値を決める要素となる。
そして、この映画には、フェリーニや、デビッド・リンチ、キューブリック、タルコフスキー、ゴダール、テレンス・マリック、鈴木清純などが持つ、映像的な快感を個人的には感じられなかった。

それゆえ高い点を付ける事が出来なかったが、これは個人的な印象に基づく評価である事は言うまでも無い。

関連レビュー:難解ながら映像にインパクトを感じた作品
『自殺サークル』
血と死に満ちた映画作品
園子温監督の描く現代日本


posted by ヒラヒ・S at 17:27| Comment(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]