2017年10月09日

ホラー映画『シャイニング』再現ロードショー/ネタバレ・あらすじ・ラスト・出演者

『シャイニング』(ストーリー・あらすじ編)



原題 The Shining
製作国 イギリス
製作年 1980
上映時間 119分
監督 スタンリー・キューブリック
脚色 スタンリー・キューブリック、ダイアン・ジョンソン
原作 スティーヴン・キング


評価:★★★★★ 5.0点



スティーブン・キング原作の『シャイニング』を原作とする、この映画の恐怖感は凄いと思います。
しかし、この作品は原作とは違う世界観で作られ、キューブリックの映像世界の特異性が表現されていると感じました・・・・・

film1-red-ue.jpg
film1-red-ue.jpg
film1-red-ue.jpg

『シャイニング』あらすじ



shin-first.jpg
一台の車が深い山の中を走る。

辿り着いた先はオーバー・ルック・ホテルだった。
小説家のジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)が、就職の面接に向かうため運転していたのだ。

ジャックは、就職先のオーバー・ルック・ホテルで支配人ウルマンと面談し、冬季は閉鎖されるホテルに5ヶ月住込み、維持管理する管理人として採用された。Shi-axe.gif
しかし支配人は、以前に管理人をしていたグレイディーという人物が、妻と双子の娘を殺害し自らも自殺した“1970年の悲劇”について語る。
精神的にきつい仕事かもしれないが、大丈夫かと念を押した。(右:彼は彼の家族を斧で殺した。西棟の一室に彼等をきちんと積み重ね、それから彼は散弾銃の2連の銃口を口に加えた)
ジャックは、自分も家族も気にしないと笑顔で答えた。

その頃、ジャックの家族は食事の最中だった。
shin-danny-wendy.jpg

shai-danny-tony.gifしかし息子ダニー(ダニー・ロイド)が落ち込んだ声で、「本当にホテルに行くの」と尋ねた。
彼は超能力の持ち主で、トニーという眼に見えない存在と会話を交わすのが常だった。

そして母親ウェンディ(シェリー・デュヴァル)に、トニーが行きたがっていないと言った。

家族は車で、閉鎖前の慌ただしいホテルに着いた。
そこで一家は支配人と挨拶を交わした後、黒人の料理人ディック・ハロラン(スキャットマン・クローザース)に紹介され、ホテルを案内された。
ハロランはダニーと二人になった時、子供の頃から“シャイニング”という超能力や幻視を見る能力がハロランにも備わっていると告げた。
shin-hallo.gif
(上:それを彼女は"シャイニング"と呼んでいた。)

それを聞いたダニーは、すでに幻視で見ていた、このホテルのことを尋ねた。
ハロランはシャイニングによって、このホテルで起こった事件や、ある人々が見える、痕跡が見える、と語る。
ダニーはホテルの237号室について聞いた。
するとハロランは、何でもない、関係ないからほおっておけと答えた。

廊下をダニーが三輪車で通る。
237号室の前でその足が止まる。
双子の姉妹が現れ、更に少女たちの血まみれの姿が見える。

【意訳】双子:来て、一緒に遊ぼう。来て、一緒に遊ぼうダニー。永遠に。ずっと。/ダニー:トニー僕恐い。/トニー:ハロランさんの言ったことを思い出して。それは本の中の写真のようなものさダニー。本物じゃない。
ダニーは思わず眼を塞ぎ、恐怖に耐える。

一方、ジャックはなかなか仕事がはかどらず、苛立が大きくなり、仕事中は話しかけるなとウェンディに怒鳴りちらした。
shin-distrac.gif
ウェンディは、そんなジャックの様子を見て不安を募らせていく。
(上:お前は集中の妨げだ)

そんな時、ホテルの電話が大雪で断線してしまい、外部との連絡は無線だけになった。
三人の日々の生活は、歪みを伴う緊張に満ちた生活となって行った。
特にジャックは異様な行動が見られるようになった。

不眠や、茫然と立ちすくんだり、妻と子供を殺す異様な夢にうなされたりした。
shin-danny-neck.jpg
そんなある日、ダニーの首に絞めたような傷が付けられた。

ウェンディーが聞いても何も語らないダニーに、彼女はジャックの仕業だと疑い、ジャックを罵った。

そんなジャックは、「ザ・ゴールド・ルーム」と書かれたボールルーム(舞踏会場)のバーへと向かう。
shin-bar.jpg
そこには、いるはずのないロイドというバーテンダーが立っていた。そして、ジャックは酒を飲みながら、自分はダニーを傷付けたりしないと愚痴った。

そこにウェンディーが手にバットを持ちやって来て、「ここに、わたしたち以外に人がいる。変な女がダニーの首を絞めた。」と訴えた。
気が狂ったのかというジャックに、237号室でダニーが襲われたのだと言う。
shin-bath.jpg
そこで、ジャックが237号室に入ると、そのバスルームには全裸の女性が手を広げていた。

吸い寄せられるように近づくジャックが抱きしめられたとき、彼女は老婆に変貌していた。

shin-hallo-wake.jpg
その時遠く離れたマイアミでは、ハロランがそのシャイニングの能力で異変に気付き、ホテルに向かう事を決意した。

異変にウェンディーは、ホテルを出ようと訴えるが、ジャックは俺が働いているのにお前はいつも邪魔をすると怒った。

shai-grady.pngそして、なぜか華やかにパーティーが開かれている「ザ・ゴールド・ルーム」に入り、バーテンダーのロイドから酒を給仕される。
そこで、ウェイターのグレディという人物と出会い、会話を交わす。
グレディーとは一家を惨殺した以前の管理人だとジャックは指摘した。

グレディーは殺人の覚えはないが、息子ダニーがハロランを呼んだと警告し、妻と子に"しつけ"が必要だと囁いた。
それを聞きジャックが怪しく微笑む。

taype-shining.gif一方ウェンディーがジャックのタイプライターを見る。
「All work and no Play makes Jack a dull boy(遊ばず仕事ばかりして、ジャックは今に気が狂う)」と何百枚もタイプされていた。


それを見たウェンディの背後に、いつのまにかジャックが立ち「傑作だろ?」と尋ねた。
shi-bat.gifウェンディーはバットを握り、泣きながら「ダニーを連れてホテルを出る」と言う。
それに対して、ジャックはウェンディーににじり寄り、ついに襲い掛かった。
ウェンディーはバットを振るい、ジャックの頭を殴り失神させた。

彼女はジャックを食糧庫に引きずって行き、外からカギをかけ閉じ込めた。
そしてウェンディーは、無線で外部と連絡を取ろうとしたが、無線機は壊され、唯一の脱出の手段である雪上車も壊されていた・・・・・・・・・

film1-red-ue.jpg

『シャイニング』予告

『シャイニング』出演者

ジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)/ウェンディ・トランス(シェリー・デュヴァル)/ダニー・トランス(ダニー・ロイド)/ディック・ハロラン(スキャットマン・クローザース)/スチュアート・アルマン(バリー・ネルソン)/デルバート・グレイディ(フィリップ・ストーン)/ロイド(ジョー・ターケル)/医師(アン・ジャクソン)


スポンサーリンク


film1-red-ue.jpg
以降の文章に

『シャイニング』ネタバレ

があります。ご注意ください


(あらすじから)
食糧庫に閉じ込められたジャックに、一つの声が語りかけた。
その声は、グレディーだと言い、ジャックに本当に実行できるのかみんな心配していると言った。
ジャックが必ずやると誓うと、扉の閂が外れる音が響いた。

shin-radrum.jpgウェンディーは疲れベッドに横たわり、ダニーと部屋に籠っていた。
暗い中ダニーは夢遊病者のように包丁を持ちうろつき、ドアに「REDRUM」と書き、レドラム、レドラムと呪文のようにつぶやいた。
異常に気付いたウェンディーが起き、鏡に反転した文字を見るとそれは「MURDER(殺人)」と記されていた。

その時、異様な音が鳴り響いた。
倉庫から出たジャックが、斧を振るってドアを叩き壊していたのだ。
ウェンディーは、必死になってダニーを部屋の窓から外に逃がした。
しかし窓はウェンディが脱出するには狭く、ジャックの狂気の声と共に斧で壊されていく扉を見ながら、彼女は部屋の隅にうずくまり、眼を恐怖に見開いていた。
さあ、ジョニーが来たぞ!


shin-hallokill.jpgその時、ホテルに向かっていたハロランがようやく到着し、「誰かいないかと」呼びかけながらホテルの中に入ってきた。
ハロランの到着を知ったジャックは、物陰から飛び出るとハロランに襲い掛かり、斧で殺した。

その時、ダニーの姿を目にしたジャックは、庭にある迷路に逃げたダニーを追った。


ダニーは酷寒の中、ジャックを迷路の中で迷わせ、母と抱き合う。
ジャックは迷路の中で凍死していた。

film1-red-ue.jpg

『シャイニング』ラスト・シーン


オーバー・ルック・ホテル
1月4日舞踏会
1921年


関連レビュー:スタンリー・キューブリックの映画
『フルメタル・ジャケット』
キューブリックのベトナム戦争映画
戦争の非人間性を問う


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 18:28| Comment(0) | イギリス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]